横須賀版 掲載号:2020年11月27日号 エリアトップへ

今月28日にスタートする「馬堀海岸parkrun」の運営に携わる 大山 敦さん 浦賀在住 47歳

掲載号:2020年11月27日号

  • LINE
  • hatena

「ラン」で緩やかなつながり

 ○…毎週土曜日の早朝、馬堀海岸の遊歩道に集まり、5キロの距離を走る・歩くだけ。犬と一緒や赤ちゃんを載せてベビーカーで参加するバーギーランもOK。世界一敷居の低いランニングイベント「parkrun」(パークラン)をスタートさせる。競わずに東京湾越しの横須賀や横浜、対岸の千葉の景色を眺めながら自分のペースで完走をめざす。”週末のラン習慣”の提唱は、健康増進と地域コミュニティーの絆を深めることが目的だ。

 ○…イベント運営の中心を担う。肩書は「ランディレクター」だが、40代になって走り始めた「単なる市民ランナー」という。息子のサッカーの練習に付き合ったところ肉離れを起こし、運動不足を痛感。手軽な身体づくりとして始めたランニングが心身を整えてくれることに気づいた。各地のランニングイベントなどに足繁く通う中で知ったのがパークラン。たかが5キロの距離をわざわざ集まってみんなで走る活動の趣旨に共感を覚えた。

 ○…フェニックス並木が外国のリゾート地を彷彿とさせる馬堀海岸沿いのコースは、首都圏屈指のランニングスポット。県外の友人を招いて一緒に走ると、「素晴らしい環境」と感激される。全国20エリアで行われているパークランの会場を巡回しているランナーもいる。「(自分が)住む街の魅力を伝える小さな貢献ができればいい」

 ○…「この指とまれ方式」で複数のボランティアが自主的に運営に携わる。集まったメンバーが交代でイベントを切り盛りするイメージ。ゆるやかなつながりから生まれる支え合いがパークランの真骨頂だが、あえてそれを口にしない。「仲間とビールを美味しく飲むため─」。走る理由はそれだけでいい。

横須賀版の人物風土記最新6

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

高堂 翔さん

昭和歌謡からJポップ、演歌をレパートリーに歌まねアーティストとして活動する

高堂 翔さん

馬堀町在住 25歳

3月19日号

石田 忠さん

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く

石田 忠さん

衣笠栄町在住 68歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter