横須賀版 掲載号:2021年2月5日号 エリアトップへ

津久井浜海岸でSUPマラソンレースを企画した 原 良一さん 長沢在住 58歳

掲載号:2021年2月5日号

  • LINE
  • hatena

 ○…マリンスポーツの新ジャンルとしてすっかり定着した「スタンドアップパドル」(SUP)で、10キロの距離を漕ぎ続けるマラソンレースを初開催する。舞台は津久井浜海岸〜野比海岸一帯の北下浦エリア。ウインドサーフィンのメッカとして知られるゲレンデだが、SUPにも最適であることを広く知らしめたいと企画した。「凪の日は海面をゆったりとクルージング、強い風の中を風波やうねりを乗り継ぎながら進むダウンウインドも楽しめる」。コロナに翻弄され、実施は容易ではないが、季節ごとのシリーズ戦に定着させたい考え。目指すは「日本一のSUP草レース」だ。

 ○…会社の先輩に誘われ、ウインドサーフィンと出会った20代前半。80年代のマリンスポーツの黄金期を経験してきたが、昨今のSUPの流行はそれにも引けを取らないほどの人気ぶり。キャンプ、サーフィン、フィッシングと異なるジャンルの愛好家が続々と参入しており、多様な遊び方に注目が集まっている。自身もペリーゆかりの浦賀・久里浜の歴史を海から体感するガイドツアーを考案。SUPの可能性を広げる挑戦の真っ只中だ。

 ○…大手ゲームメーカーを5年前に早期退職し、地域活性とマリンスポーツの融合をビジョンとする会社を立ち上げた。「人を楽しませて心を動かす─。自分にとってはどちらもエンターテインメントビジネス。扱うツールが違うだけ」と笑顔を見せた。

 ○…SUPで三浦半島を一周するアドベンチャーレースの構想を思い描く。手本とするのは5日間でオランダの11都市を巡るレース「SUP11-City」。尽きない好奇心と冒険心は少年のよう。頭の中でストーリーが動き出している。

横須賀版の人物風土記最新6

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

高堂 翔さん

昭和歌謡からJポップ、演歌をレパートリーに歌まねアーティストとして活動する

高堂 翔さん

馬堀町在住 25歳

3月19日号

石田 忠さん

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く

石田 忠さん

衣笠栄町在住 68歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter