横須賀版 掲載号:2021年2月19日号 エリアトップへ

横須賀市 一般会計予算1595億円 コロナ対策、経済回復に積極投資

政治

掲載号:2021年2月19日号

  • LINE
  • hatena
会見した上地克明市長
会見した上地克明市長

 横須賀市の上地克明市長は今月10日、2021年度の当初予算案を発表した。一般会計予算は1595億1千万円で前年比1・1%の伸率。主な歳出として、新型コロナウイルス予防接種事業など感染症対策に約35億円、中学校給食の開始に伴う運営経費として約7億円を計上した。会期中の市議会定例会で審議されている。

 コロナ禍による経済的なダメージで市税収入は約49億円減少、過去最大の減収額となった。一方で、一般会計の財源不足を補てんする財政調整基金からの取崩しは、これまでで最も少ない38億5千万円に抑えた。財政運営は厳しさを増しているが、事務事業の点検を行うことで経費の圧縮に努め、経済回復に向けた財源を確保。上地市長は「仕掛けづくりと準備に積極的な投資を行う」と力を込めた。

 上地市長は今年6月に選挙を控えるが、自身が掲げる「横須賀再興プラン」の総仕上げの年に位置付け、関連事業を推し進める。ただ、計画策定時の内容にこだわらない考えも示し、ICT技術などを積極的に取り入れることで職員の業務効率化を図り、市民サービスの向上につなげるとした。

【主な新規事業】

 新しい生活様式への対応として、テレワークを推進。拠点設置経費の一部助成と推進セミナーを開催する。市内事業者の新たな事業展開に移動販売車(キッチンカー)の導入も支援。キッチンカーを集めたマルシェを開催する。

 海を基点とした地域経済の活性化には、横須賀と北九州を結ぶフェリー航路の新設とポートセールスの推進。JAMSTEC設立50周年記念行事がある。新型コロナの影響で来年度の開催が中止となったウインドサーフィンワールドカップは代替イベントを津久井浜海岸で開き、マリンスポーツのまちづくりの機運を維持する。

 歴史遺産の活用では、今年実施を見送った浦賀奉行所開設300周年の各事業をスライドして開催。3月に住友重機械工業から寄付を受ける予定の浦賀レンガドックは、活用に向けて必要な整備を行う。

 新たなにぎわいづくりには、ソレイユの丘リニューアル、走水水源地の通年開放(10月予定)に向けた整備を行う。

横須賀版のトップニュース最新6

「一刻も早く一人でも多く」

横須賀市

「一刻も早く一人でも多く」 社会

新型コロナ予防接種、個別を主体に

2月19日号

一般会計予算1595億円

横須賀市

一般会計予算1595億円 政治

コロナ対策、経済回復に積極投資

2月19日号

「圧倒的な花畑」に変貌

ソレイユの丘

「圧倒的な花畑」に変貌 経済

事業者交代 23年4月に再オープン

2月12日号

"動く交番"4月試験運用

神奈川県警

"動く交番"4月試験運用 社会

警察車両活用で見守り

2月12日号

「廃棄大根を救え」

「廃棄大根を救え」 経済

豊作とコロナ禍の需要低迷で苦境

2月5日号

女子サッカー普及拡大へ

女子サッカー普及拡大へ スポーツ

多様な受け皿、地元チームが本腰

2月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月19日0:00更新

  • 2月12日0:00更新

  • 2月5日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク