横須賀版 掲載号:2021年5月21日号 エリアトップへ

横須賀市長選 近づく足音 市民団体代表の岸氏が出馬表明

政治

掲載号:2021年5月21日号

  • LINE
  • hatena
今月15日に開かれた出馬会見でマイクを握る岸氏
今月15日に開かれた出馬会見でマイクを握る岸氏

 任期満了に伴う横須賀市長選(6月20日告示・27日投開票)に、市民団体「横須賀市民九条の会」共同代表の岸牧子氏(64)が今月16日、無所属で立候補する意思を表明した。告示日が迫る中、市民が関心を寄せる目立った政治争点がなく、低調ムードが漂っていたが、選挙が行われることになった。

公約に石炭火力発電所建設中止

 野比在住の岸氏は、横須賀市産業交流プラザで出馬会見を開き、2023年の運転開始をめざして久里浜地区で建設が進んでいる石炭火力発電所の建設中止を公約に掲げると明言した。「現市長は脱炭素社会に向けて『ゼロカーボンシティ』を宣言しているが、石炭火力発電所の建設を止める動きをまったくしていない。怒りを感じている」と発言。米海軍基地や原子力空母の母港化問題も含め、国と自治体の従属関係が市民の安全・安心の暮らしを阻んでいるとした。

 このほかに、日本国憲法とSDGsの理念を土台にした政策づくりを進めていると話し、近く発表する方針。新型コロナ対策としてPCR検査や抗体検査を拡充することや小・中学校の給食費無償化、ソーラシェアリングによるエネルギーの地産地消などを盛り込む。

 岸氏は13年の横須賀市長選、19年の神奈川県知事選に立候補。ともに落選している。

 今回の市長選をめぐっては現職の上地克明市長が、3月に再選をめざして立候補することを表明。自民党県連と公明党県本部の推薦を得ている。

狙いは有権者の関心喚起?

近づく市長選に有権者の関心を高めようと、政党や市議会議員がフォーラムや井戸端会議を開く動きもある。横須賀市政が抱える課題を参加者に伝えるとともに要望を聞き入れて立候補者に届ける狙いだ。

 神奈川ネットワーク運動・横須賀は今月14日、ヴェルク横須賀で「市長選を話そう・考えよう」と題した会合を設けた。所属議員の小室卓重市議は「上地市長による積極投資でいくつもの大型事業が動き出したが、足元の市民サービスは向上したのか。財政調整基金の目減りも気になる」と問題提起を行った。小林伸行市議は、「『もっとこうしてほしい』を未来の市長に届けよう」をキャッチフレーズにしたミニ集会を今月15日からスタート。政策論争の必要性を訴えており、市内10カ所を巡回して意見集約を行い、政策案をまとめるという。

横須賀版のトップニュース最新6

久里浜に本店機能集約

JAよこすか葉山

久里浜に本店機能集約 経済

来春、支店再編で経営強化

12月3日号

移住促進にクリエイター人材

横須賀市

移住促進にクリエイター人材 経済

市施設を居住拠点に改修

12月3日号

特産品化に一歩前進

相模のとらふぐ

特産品化に一歩前進 経済

「かながわブランド」新規登録

11月26日号

4%の難関 69歳で突破

小矢部在住安東さん

4%の難関 69歳で突破 社会

司法書士試験、4回目の挑戦で

11月26日号

20年ぶり関東制覇

横須賀シーガルズ

20年ぶり関東制覇 スポーツ

女子サッカー頂点めざし全国へ

11月19日号

認知症予防の拠点整備

神奈川歯科大

認知症予防の拠点整備 社会

構内の「赤レンガ倉庫」活用

11月19日号

本まぐろ直売所

12/4・5は13周年感謝セール、毎月第2・4土日は特売日!

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook