神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀・三浦版 公開:2021年7月2日 エリアトップへ

布ぞうり作家として市内外で教室を主宰、5月に入門書を発刊した 市ノ瀬 絵理子さん 馬堀海岸在住

公開:2021年7月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
市ノ瀬 絵理子さん

「編む」楽しさを発信

 ○…はぎれや古布を編んで作る「布ぞうり」。コロナ禍で自宅時間が長くなる中で「おうちで楽しく」をテーマにした入門本を5月に出版した。手順を写真で分かりやすく解説。「要らない布や服を捨てずにリメイクして生まれ変わらせる。エコな暮らしにつながる」とカラフルな布ぞうりを手に微笑んだ。

 ○…手芸やクラフトとは無縁―だったが、20年ほど前のこと。隣家から貰った一足の布ぞうりが、人生を変えた。「履き心地が良くてかわいい。どうしても作ってみたい」。講座を探し当てて教わりながら、自分なりの作り方を編み出していった。うまく出来るとプレゼントしたくなるもの。そこから「教えてほしい、作ってみたい」との声を受けるようになり、「布ぞうり工房 禅蔵」を立ち上げ、上町の呉服店で教室を開いた。

 ○…素材や色の組み合わせで唯一無二の一足が完成する。「何個作っても飽きない」。休みなく仕事を続けてきたが、10年ほど前に体調を崩し、舌癌が判明。治療に専念した。「無理せず、楽しく作ることを忘れないように」とバランスを取りながら復帰。渡米して講座を開いたり、パリの「ジャパンエキスポ」に招待作家として出展したりと、布ぞうりの「伝道師」として精力的に活動する。解説の入門書発刊やネットでの制作キット販売など、「手軽に楽しく」がモットーだ。

 ○…群馬県の工芸品・こんこん草履をアレンジして紹介している。技術継承という想いはもちろんだが「事業の継続や病気など、苦しいときに多くの人に支えられた。感謝の気持ちを恩返ししたかった」とこれを「ヨコスカスリッパ」と名付けた。偶然手にして、世界を広げてくれた布ぞうり。人との縁も、この横須賀で編み続けていく。

横須賀・三浦版の人物風土記最新6

地代所 悠さん

「コントラバスヒーロー」のタイトルで舞台や映像作品を手掛けている

地代所 悠さん

三浦市南下浦町上宮田在住 32歳

7月12日

石丸 謙二郎さん

墨絵を題材にした画文集を上梓し、逸見のギャラリーで個展を開く

石丸 謙二郎さん

70歳

7月5日

伊与田 あさ子さん

アマチュアからプロ、障害者のバレエ指導に長年力を注いできた

伊与田 あさ子さん

追浜町在勤 74歳

6月28日

松本 敬之介さん

神奈川県県民功労者表彰を受けた

松本 敬之介さん

深田台在住 83歳

6月21日

迫田 義広さん

野球人口拡大に取り組む中学校教諭

迫田 義広さん

追浜東町在住 43歳

6月7日

本多 和彦さん

日本ホタルの会の会長を務める

本多 和彦さん

西浦賀在住 66歳

5月31日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

横須賀・三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀・三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook