横須賀版 掲載号:2021年9月10日号 エリアトップへ

横須賀市FMプラン 19の公共施設を再編 青少年の家を一部廃止

経済

掲載号:2021年9月10日号

  • LINE
  • hatena

 横須賀市は公共施設の更新や再編の方向性を示す「FM戦略プラン」を2019年に策定。これに基づき、開会中の9月定例議会で、19施設の再編案を提示した。今年度中に廃止するのは追浜コミュニティセンター(南館)と老人福祉センター(5施設)の入浴施設。このほか、青少年の家は7施設を段階的に廃止する。

 市の公共施設は、2018年時点で7割以上が建築後30年を経過。人口減が進む中で、これまでと同様の規模・機能の施設を維持していくことが難しくなっている。市では、限られた財源の中で公共施設の総量を需要に応じた適正な規模にするため、19年に「FM(ファシリティマネジメント)戦略プラン」を策定した。立地や機能などの現状を分析し、老朽化への対応、施設の集約・複合化、民間事業者とのサービスの重複などの課題を抽出し、取り組みを進めている。

 策定から3年を迎える中、9月6日の市議会総務常任委員会で19施設の再編が提示された。追浜コミュニティセンター南館は老朽化のため今年度中に廃止、併設する北消防署追浜出張所は移転先の確保までは建物内に残る。また、久里浜公園プールは(仮称)南こども園の建設用地として運用するため23年度で営業終了。同園開園のため森崎とハイランドの両保育園は25年度に廃園となる。このほか、市内に14ある青少年の家(みんなの家)は、老朽化のため23年度に追浜・衣笠・浦賀・鴨居・久里浜・大楠を廃止。近隣の小学校内に「放課後こども教室」を設置して児童の居場所機能を確保する。また、長浦・大津・池の谷戸の市営住宅は老朽化のため廃止し、現入居者については、他の市営住宅への転居で対応する。

入浴設備を廃止

 60歳以上の人が無料で利用できる高齢者のレクリエーションの場「老人福祉センター」は本町・池上・鴨居・北下浦・秋谷の5施設で入浴設備を今年度で廃止する。新型コロナ感染拡大の影響で利用を中止しており、施設管理の費用が過大となっているため。高齢者の居場所機能については、今後も確保に努めていくとしている。この計画とは別に船越老人福祉センターは、今年10月末の廃止が決まっている。

 市は今回の縮減案で施設の更新費用や維持管理費、土地売却益など合計45・1億円の効果額が生じる見込みとしている。

横須賀版のトップニュース最新6

経済回復の起爆剤に

横須賀市

経済回復の起爆剤に 経済

「25%上乗せ」商品券販売

9月24日号

境内に「非常用トイレ」

西逸見町浄土寺

境内に「非常用トイレ」 社会

井戸水利用で災害時に対応

9月24日号

地域振興にアニメ活用

『スローループ』×YOKOSUKA

地域振興にアニメ活用 社会

ファンの来訪、聖地化に期待

9月17日号

端末持ち帰り不可

横須賀市公立小中

端末持ち帰り不可 教育

慎重姿勢の市教委

9月17日号

廃プラリサイクル工場開設

神明町

廃プラリサイクル工場開設 経済

国内最大級、稼働は来秋

9月10日号

19の公共施設を再編

横須賀市FMプラン

19の公共施設を再編 経済

青少年の家を一部廃止

9月10日号

上町商店街連合会

ワクチン接種キャンペーン実施中!特典サービス盛りだくさん!

https://www.yokosuka-oideyo.com/shoutengai-uwamachi.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook