横須賀版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

横須賀市医師会 抗体カクテル療法を開始 新型コロナの自宅療養者に

社会

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
専用の治療スペース=よこすか浦賀病院
専用の治療スペース=よこすか浦賀病院

 横須賀市医師会(三屋公紀会長)は、新型コロナ感染症への中和抗体薬療法(抗体カクテル療法)をよこすか浦賀病院で始めた。陽性患者のうち、症状の軽い人を対象にしたもので、横須賀市は9月定例議会で医療体制の整備に対する経費など2400万円を増額補正した。

 「抗体カクテル療法」とは、新型コロナのウイルスが増殖するのを防ぐために、体内に抗体を注入する治療法。発症から7日以内の軽症から中等症の初期患者に点滴で投与することで、ウイルスの増殖を阻止し、重症化を防ぐ効果があると言われている。

入院施設の負担軽減

 市医師会では、コロナ患者の入院治療を行う市内の3病院(市民病院・うわまち病院・横須賀共済病院)の負担軽減を目的にこの療法を導入した。神奈川県のほか、いくつかの自治体でも始めているが、医師会の主導による取り組みは全国でも例がないという。

 対象は、横須賀市民でかつ発症から4日以内・酸素飽和度が96%以上で、50歳以上もしくは重症化リスク因子がある人。発熱外来での検査時にこの治療法を説明し、陽性と判断された人が希望した場合に受けられる。医師会が実施医療機関のよこすか浦賀病院との調整や搬送の手配を行うため、コロナ対応で逼迫している保健所業務の抑制にもつながるとしている。

 同院では、外来患者と接触しないよう、駐車場にプレハブの専用スペースを設置。自宅療養期間中、同院が経過観察などにも対応する。同医師会では実施する外来医療機関を増やしていく予定だという。

 市はこの治療法を支援するため、9月議会で補正予算を計上した。外来受診のコーディネートや応援医師派遣経費、患者の搬送経費など2400万円で、投与人数は1カ月あたり50人を想定している。

横須賀版のトップニュース最新6

“娯楽の殿堂”で再開

さいか屋南館

“娯楽の殿堂”で再開 経済

eスポーツやカラオケ軸に

10月15日号

抗体カクテル療法を開始

横須賀市医師会

抗体カクテル療法を開始 社会

新型コロナの自宅療養者に

10月15日号

商店街に出張美術館

衣笠

商店街に出張美術館 文化

空き店舗活用で谷内作品

10月8日号

ICT教育施設「スカピア」開設

ICT教育施設「スカピア」開設 経済

学童保育や地域交流拠点

10月8日号

国に先駆け、市が推進

ワクチン接種キャンペーン

国に先駆け、市が推進 経済

取材殺到で全国から注目

10月1日号

「浦賀観光」テコ入れ

横須賀市

「浦賀観光」テコ入れ 経済

電車・バス・船 交通事業者と連携

10月1日号

宅建協会 横須賀三浦支部

弁護士による「不動産の法律無料相談」を12月15日に実施します。

http://www.yokosuka-miura.com/

本まぐろ直売所

10月10日は「まぐろの日」大特売。豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 10月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook