横須賀版 掲載号:2022年6月10日号 エリアトップへ

クラブユース県優勝の「横須賀シーガルズFCジュニアユース」で代表を務める 石川 貢さん 粟田在住 40歳

掲載号:2022年6月10日号

  • LINE
  • hatena

○…創立33年、古豪の少年サッカークラブを神奈川の頂点に導いた。チームから請われ指導者として関わるようになって9年目。昨年、自身がジュニアユースの代表に就き、弟の(扶氏)を監督として呼び寄せ、体制を確立。かつての低調期を乗り越えて名門復活を印象付けた。表彰式に臨んだ選手らの姿を眺めていると言葉にならない感情が込み上げてきた。それを周囲に悟られないよう平常心を装いながら会場の椅子を片付けた。

 ○…チームは小学生時代、元日本代表の兄(直宏氏)とともに所属していた古巣。その立て直しを依頼され戻ってきた。

「向上心と情熱をたぎらせて入団してくる選手に応える環境がなく、在籍者は減るばかり」。選手が練習をボイコットし、人数不足で試合出場を断念するなど最悪の状態に陥っていた。「悪循環から抜け出し、チームとして結果を出すには基本動作を徹底すること」。挨拶や礼儀、他者への感謝などサッカーを通じた人間形成に指導の重きを置き、好転させた。

 ○…人生の大半の時間をサッカーに費やしてきた。目標としていたJリーグ選手になる夢は叶わなかったが、JFL、フットサルチームで培った経験は大きな財産だという。「(シーガルズには)地域のトップチームに手が届かず、悔しい気持ちを抱きながら次のチャンスを待っている選手が少なくない。壁をどう乗り越えるか。失敗しても諦めずに再挑戦する「リバウンドメンタリティ」を自分の言葉で伝えている。

 ○…セカンドキャリアとして指導者の道を選んだ。その延長線上でクラブ運営にも携わる。経営を成り立たせるために奔走する日々だが、現場主義の姿勢は崩さない。現在は中学1年のクラスを担当、可能を引き出す。

横須賀版の人物風土記最新6

中山 友里さん

MOS世界学生大会2022の「Word部門」で日本代表選考優秀者に選出された

中山 友里さん

根岸町在住 21歳

8月12日号

永原 煌子(きららこ)さん

「全国高等学校ビブリオバトル」の神奈川県予選で優勝した

永原 煌子(きららこ)さん

県立横須賀高校在学 17歳

8月5日号

大和(おわ) 晴彦さん

BMX競技で世界に挑む期待のホープ。強化指定選手として次期五輪もめざす

大和(おわ) 晴彦さん

湘南鷹取在住 20歳

7月29日号

加藤 和之さん

ピースネットワーク横須賀orizuru代表で被爆体験の伝承活動を展開する

加藤 和之さん

米が浜通在住 50歳

7月22日号

山田 佳花(よしか)さん

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)女子5000m競歩に出場する

山田 佳花(よしか)さん スポーツ

佐原在住 18歳

7月15日号

山本 洋志さん

「横須賀古地図くらぶ」共同代表で歴史講座を開く

山本 洋志さん

馬堀海岸在住 58歳

7月8日号

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook