神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
横須賀版 公開:2024年3月22日 エリアトップへ

娯楽劇を演じる市民劇団「浜の隠居の会ぷらす」の代表を務める 新谷 健(たけし)さん 鴨居在住 68歳

公開:2024年3月22日

  • X
  • LINE
  • hatena

「生かされた分恩返し」

 ○…「最初は横須賀に来るのが嫌だった」―。高校1年生の時、「海辺に住みたい」という両親の希望で横浜市から鴨居に移住。横須賀市内の高校に転入する事も考えたが、当時は横浜に「こだわり」があり、鴨居から通学を続けた。大学を卒業後は横須賀市役所に入庁。企画調整課で市のイメージアップを図る仕事や、汐入駅前の再開発事業に携わってきた。「仕事が終われば、海あり山ありの自然に癒される。こんな贅沢な場所はない」。横須賀の魅力に気づかされた瞬間だった。

 ○…劇団との出会いは市職員時代、懇意にしていた同僚の「演劇やろうよ」という何気ない会話。当初は裏方として参加する予定だったが、人員不足などの理由で主役に抜擢。芝居は未経験ながら、続けるうちに演じる事の奥深さや難しさ、観客に楽しんでもらうにはどうすればいいかを追求するように。「気が付けばハマっていた」

 ○…転機となったのは第三回公演を控えた2019年。原因不明の難病「ビッカースタッフ脳幹脳炎」に倒れた。意識障害が発生し、全身が動かなくなっていく症状に死をも覚悟した。約3カ月半の闘病生活。懸命なリハビリなどが功を奏し快方へ向かうと「生かされた分なにか人のためになる事をしたい」と劇団に復帰。しかしコロナ禍の影響で公演は中止へと追い込まれていた。そんな中「負けるものか」と「笑読(しょうどく)劇」と称した朗読劇を実施するなど逆境にもくじけなかった。

 ○…劇団のほかに、芦名の土を使った陶芸活動や文化ボランティアグループ「よこすか市民会議」の副代表という顔も併せ持つ。「歴史や自然、文化など横須賀には色々な楽しみ方があると知ってもらいたい」と市の発展を願い活動を続ける。

横須賀版の人物風土記最新6

多田 悠紀さん

学生の起業や社会事業などを支援する「よこすかラボ」の中心メンバーである

多田 悠紀さん

公郷町在住 22歳

5月24日

酒井 俊雄さん

視覚障がい者に向けたチャリティー朗読劇を主宰している

酒井 俊雄さん

佐野町在住 68歳

5月17日

青木 勝さん

今年発足50周年を迎えた「クリーンよこすか市民の会」の会長を務める

青木 勝さん

三春町在住 79歳

5月10日

小野 愛果さん

中学女子ソフトボール都道府県対抗大会で大会MVPを受賞した

小野 愛果さん

阿部倉在住 14歳

5月3日

鶴 ジュンさん

長井の活性化イベント「浜と丘とマーケット」を主催する

鶴 ジュンさん

長井在住 54歳

4月26日

三木 真理子さん

「関根川〜相模湾海中 水の輪つなぎ活動:chotto」の代表を務める

三木 真理子さん

秋谷在住 

4月19日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook