三浦版 掲載号:2016年2月26日号 エリアトップへ

三浦商議所青年部メンバーで、イベント「城ヶ島ちょうちん巡り」を企画した 山田 拓哉さん 天神町在住 43歳

掲載号:2016年2月26日号

  • LINE
  • hatena

情熱で灯す賑わいの明り

 ○…市内の小学生が城ヶ島をモチーフに海の生き物や景色など自由に絵付けをしたちょうちん。これらを島内の商店街にずらりと飾って賑わいと彩りを添えるイベントを発案、陣頭指揮を執る。千里の道も一歩から。地域活性化や少子化・若年層の人口流出という市の喫緊課題に対して即効性はないかもしれない。しかし、大人が率先して子どもに”三浦の楽しみ方”の見本を示すことで、郷土愛が生まれるのではと期待する。

 ○…「昔に比べて今の三浦の子どもたちは城ヶ島で遊ぶ機会が減った」とぽつり。自身の幼少期は恰好の遊び場だった。夏になれば海に潜って魚を追いかけ、台風が来れば友達と連れ立って高波をこっそり見に行っては自然の脅威を前に血が騒いだことを思い出す。どんなことでも指1本ですぐに調べられる時代だが、実体験に勝るものはない。島という大きな遊び道具で楽しみ、「ゆったりとした島時間を過ごしてほしい」

 ○…イベント開催には地元の協力は不可欠。当初は訝(いぶか)しむ人もいたが郷土愛の強いコミュニティーに入るには「まず友だちになること」と、仕事の合間を縫い週3〜4日、熱心に島へ通っては少しずつ信頼関係を築いてきた。他人から顔見知り、知人から仲間へ。半年間かけてようやく提案の場を設けてもらい、賛同を得た。昨年11月に行った催しでは、地元漁協も全面協力するなど機運の高まりに手応えを感じている。

 ○…家業は三崎のまぐろ料理専門店「くろば亭」。早朝は仕入れ、日中から夜にかけて店の営業。日曜も開店前に三崎朝市へ出店するなど多忙を極めるが、「仕事をしながら社会に対する務めも果たす。この信念は絶対」。そして「利益優先、今が良ければではだめ。皆でやれば、絶対に良くなる」と語気を強める。街が楽しくなれば、店に活気が出る。店が賑わえば、人が集まりまた楽しいものが生まれる。これが思い描く、観光地としての三浦の理想像だ。

三浦版の人物風土記最新6

鈴木 雄二さん

三浦青年会議所(三浦JC)第61代理事長に就任した

鈴木 雄二さん

三崎在住 36歳

1月7日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

横浜市緑区三保町在住 50歳

12月18日号

川名 大介さん

三崎小学校第34代PTA会長を務める

川名 大介さん

三崎在住 44歳

12月3日号

川松 賢治さん

三浦市老人クラブ連合会会長で、県高齢者福祉関係功労者等表彰を受けた

川松 賢治さん

下宮田在住 79歳

11月19日号

松岡 かおりさん

「はっぴー子育て応援団」メンバーで、トリプルPセミナーの講師を務める

松岡 かおりさん

葉山町在住

11月5日号

上野 憲一さん

油彩画家で、個展「回り、重ねる。」を開く

上野 憲一さん

小網代在住 73歳

10月22日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月17日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook