三浦版 掲載号:2017年5月26日号 エリアトップへ

市民グループ「三浦史蹟名勝振興会」の会長を務める 大井 英章さん 下宮田在住

掲載号:2017年5月26日号

  • LINE
  • hatena

三浦のいいトコ”盛り上げ隊”

 ○…「三浦七福神をはじめとする神社仏閣や岩礁美、のどかな田舎道も良い」。「三浦の魅力は」との投げ掛けに答える表情はどこか誇らしげだ。今年1月、仲間らと市民団体「三浦史蹟名勝振興会」を立ち上げた。「三浦のいいところを大勢の人と共有し、楽しむ会になれば」。街が好きで人が好き。そんな思いに共鳴した人がさらに縁を繋ぎ、現在は市内外から約30人が集うまでになった。

 ○…今は河津桜の名所となった小松ヶ池の近くで生まれ育ち、幼少期はフナ釣りや虫捕りなど自然が遊び場だった。長らく市外に出ていた勤め人時代、ふとこの先の人生設計を思い描いたときのこと。脳裏には故郷の風景が真っ先に浮かんだ。「都会の生活はつまらなくて」。三浦へのUターンを決意した瞬間だった。片道約2時間の通勤には苦労したが、花と緑に囲まれた余暇など自分らしい生活は欠けていた充足感を何より満たしてくれた。

 ○…金沢八景や江戸近郊八景などをなぞらえて、一般公募で集まった8つの勝景を選定する独自企画”平成版三浦八景”。会ではこれまで南下浦と初声地区をテーマに呼びかけ、様々な声を集めた。その1つひとつが守るべき地域資源であり、ひいては活路を開く市民の宝なのだと信じてやまない。今後はアジサイの里づくり、絵画・俳句・写真作品などを通して八景をPRする展覧会を構想。具現化に向けてメンバーたちの士気も日々高まっている。

 ○…緑化ボランティアや観光ガイドなどにも所属し、あらゆる形で地域と接することが生活の一部になっている。振興会の会長職も加わり、さぞ多忙を極めているのではと問えば「じっとできない性格で」と涼しい顔。「実は好きな言葉があってね」と続けたのは「リーダーとは希望を配る人」というナポレオンの名言だ。「夢や希望を配ることが私の役割。そう考えると楽しいでしょう」。茶目っ気たっぷりに笑ってみせた。

三浦版の人物風土記最新6

松原 大悟さん

寺子屋を開設した福泉寺の副住職を務める

松原 大悟さん

三戸在住 31歳

1月21日号

鈴木 雄二さん

三浦青年会議所(三浦JC)第61代理事長に就任した

鈴木 雄二さん

三崎在住 36歳

1月7日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

横浜市緑区三保町在住 50歳

12月18日号

川名 大介さん

三崎小学校第34代PTA会長を務める

川名 大介さん

三崎在住 44歳

12月3日号

川松 賢治さん

三浦市老人クラブ連合会会長で、県高齢者福祉関係功労者等表彰を受けた

川松 賢治さん

下宮田在住 79歳

11月19日号

松岡 かおりさん

「はっぴー子育て応援団」メンバーで、トリプルPセミナーの講師を務める

松岡 かおりさん

葉山町在住

11月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook