三浦版 掲載号:2018年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

海南神社青年会の会長を務める 鈴木 邦久さん 三崎在住 42歳

“祭り魂”負けぬ情熱

 ○…港町に夏の始まりを告げる海南神社八雲祭。主催する青年会の長として会員を率いて、まもなく2年目の祭りを迎える。慣例では1年制だが「まだやり残したことがある」と再任に名乗りを上げた。神社への貢献、地域との顔つなぎ、会の知名度向上など今動くべき課題は多い。受け継いだ先輩に恥じぬように、バトンを渡す若い世代に誇れるように。今を担う者として責務を全うする。

 ○…三崎に生まれ育ち、初めて神輿の担ぎ手になったのは中学生の時。「木遣りで声が枯れるのが、格好良くて憧れだった」と、少年時代に思いを馳せる。10代で青年会に入会。祭りは単なる地域行事ではなく、人々の生きがいであり、地域を結びつける役割を果たしているのだと気づくと、郷土文化を誇る気持ちが一層強くなっていった。

 ○…年に1日しかない八雲祭。全力で楽しむため、残りの364日はいわば準備期間だ。「街全体の協力なしにはできない」と多忙な本業の傍ら、協力を呼び掛けるため、商店や家庭へのあいさつ回りに余念がない。また、「祭りがあるから仲間が増え、今の自分がいる」と、以前には会員の士気向上をめざしたイベントも企画。ムードメーカーとして厚い信頼を集めるが、なぜ、それほどまで打ち込むのか―「祭りは人生。情熱なら負けない」

 ○…高齢化や人口減が起因し、存続危機にある日本各地の祭り。八雲祭も例外ではなく、若年層の会員減少は目下の課題だ。「次世代への伝承は会長の使命」と語気を強めるが、難しく考えすぎず、自身を含めた年長者が楽しむ姿を見せることが大切なのだとの持論を語る。祭りは日ごろ培った地域の絆を再認識する場。「めざすは、去年よりもいい祭り」と、一足早い“アツい”1日を力強く約束した。

三浦版の人物風土記最新6件

鈴木 恒雄さん

三浦市社協の学習支援事業で、ボランティア講師グループの代表を務める

鈴木 恒雄さん

8月3日号

石橋 匡光さん

県水産技術センターと“キャベツウニ”の養殖研究を行う

石橋 匡光さん

7月20日号

亀山 千夏さん

上宮田小学校の図書ボランティアグループ「ひまわり」の代表を務める

亀山 千夏さん

7月6日号

北村 亜依子さん

青年海外協力隊としてエクアドル共和国で観光産業振興に携わる

北村 亜依子さん

6月22日号

下里 芽依さん

6月15日から群馬県で行われる南関東高校総体陸上競技大会に出場する

下里 芽依さん

6月8日号

篠田 文隆さん

三浦商工会議所青年部の新会長に就任した

篠田 文隆さん

5月11日号

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月3日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク