三浦版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

2月24日開催の「港音楽祭」の実行委員長を務める 辻 克仁さん 上宮田在住 52歳

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

音楽で人・街ゆたかに

 ○…今年2回目を数える「港音楽祭」。中学校吹奏楽部の楽器購入支援を募るチャリティーコンサートの実行委員長を務める。第一線で活躍するプロミュージシャンと中学吹奏楽部が、1日限りの共演を果たす夢のステージの幕がまもなく上がる。趣旨は寄附だけが目的ではなく、「心をゆたかにする音楽のすばらしさも届けたい」と開催に懸ける思いを話した。

 ○…昨年行われた初演に心が震えた。手伝いとして舞台裏を見ていたこともあるが、プロの実力に圧倒され、何より発起人である朝本千可さんの心意気に感銘を受け、「次回は全力でサポートしたい」と胸に誓った。気心の知れた市内のPTA有志らと実行委員を構成し、裏方仕事に奔走。出演者の仕上がりも上々で、成功への舞台は整った。「当日がとても楽しみ」

 ○…「僕自身、音楽でできている」。母親の影響で家庭では常に音楽が流れ、楽器は身近なものだった。87年にロックバンド「オーケーズ」のボーカルとしてデビュー。CDリリースやライブを開き、多くのファンを魅了してきた。解散後はスタジオミュージシャンに転向。現在は「辻シャッター工業」の経営者として手腕を振るいながら、妻と4人の子どもたちと家族バンド「The Tsuji Zoo」を結成し、三浦を歌った数々のオリジナルソングを披露している。

 ○…「私たちの街が楽しい街になれば」。市民として、1人の親として、ミュージシャンとしての切なる願いこそ突き動かすエネルギー。そのための準備は苦労ではなく、楽しむべきものと、充実感で満ちた表情を見せる。

人口約4万3千人ながら、三浦には多くのプロのアーティストが居住。「大勢の仲間たちと音楽シーンを盛り上げていけたら」と新たな目標に向けて歩みを進める。

三浦版の人物風土記最新6

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

三崎警察署の署長を務める

宗廣(むねひろ) 中(ちゅう)さん

上宮田在住 58歳

6月25日号

長瀨 初美さん

私設文庫「潮かおる小さな文庫 のほほん」を開設する

長瀨 初美さん

三戸在住 51歳

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月6日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook