三浦版 掲載号:2020年3月6日号 エリアトップへ

三崎をモチーフにしたオリジナルの絵画作品を制作する 黒田 美結さん 三崎在住 18歳

掲載号:2020年3月6日号

  • LINE
  • hatena

”三崎愛”可愛くアートに

 ○…緻密なイラストデザインのなかに見え隠れする、スイカや波間から昇る太陽などの三崎の風景。曼荼羅の幾何学的な模様に魅了され、生まれ育った三浦三崎と融合させた独特の作風は、「可愛いもの×大好きなもの」という10代らしい純粋な着想だった。「可愛く出来たとき、周りから褒められたときが一番嬉しい」とはにかんだ。

 ○…絵を描き始めたのは中学生の頃。水彩画を嗜(たしな)む祖父を見て興味を持ち、暇があれば気ままにペンを走らせるようになった。さぞ美術の授業も得意と思いきや、決められた基準や時間内に仕上げなければならないことが性に合わず物足りなかったという。モットーはあくまで自由に、琴線に触れたものだけを描くという芸術家気質は、早くから芽生えていた。

 ○…やりたいことに打ち込ませてくれる家族、温かく見守ってくれる友人など「周囲の人たちに恵まれている」と感謝する。そして、地元の人情にも背中を押してもらった。アルバイト先のゲストハウス「RSD village」に集う大人たちが才能を見出し、店内装飾用の絵を依頼。サーフボードをキャンバスに描かれた大地・海・太陽・空が、ひと際存在感を放っている。いつしか趣味は自身の強みとなり、周囲の心を動かす大きな存在となっていたことに驚きを隠せない。

 ○…今春高校を卒業し、5月から1年間オーストラリアへ語学留学する。「アートに言語は関係ない。たくさんコミュニケーションしたい」。多民族・多文化国家での新たな出会いに胸を膨らませる一方で、気がかりなのは、生まれてから日常の一部だった「海南神社のお祭りに参加できないこと」とポツリ。地元の応援を受けて、生粋の“三崎っ子”は明日への一歩を踏み出す。

三浦版の人物風土記最新6

大場 育子さん

介護経験をつづった「育ちゃんの介護人生の道」を上梓した

大場 育子さん

金田出身 50歳

4月3日号

杉崎 悠子さん

三浦市社会福祉協議会職員で、第4次地域福祉活動計画の策定を主導した

杉崎 悠子さん

菊名在勤 31歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

黒田 美結さん

三崎をモチーフにしたオリジナルの絵画作品を制作する

黒田 美結さん

三崎在住 18歳

3月6日号

渡辺 清子さん

三浦修道院の代表を務める

渡辺 清子さん

金田在住

2月21日号

渡邉 亜紀さん

静岡県の女子サッカーユースチーム監督で、競技普及に取り組む

渡邉 亜紀さん

城山町出身 45歳

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月20日0:00更新

  • 2月21日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク