三浦版 掲載号:2020年9月25日号 エリアトップへ

障害者支援施設が運営する「餃子いちばん」などの施設長を務める 野村 工(たくみ)さん 横須賀市在住 40歳

掲載号:2020年9月25日号

  • LINE
  • hatena

自信と尊重、育む店に

 ○…今夏開所した白石町のグループホーム「クレアーレ三浦」。同施設内に生活介護事業所として、餃子の製造販売拠点を設置し、専門店「餃子いちばん」を今月23日にオープンした。想定外のコロナ禍を乗り越え、ようやく揃った両翼に感慨深げ。めざすは「三浦で一番おいしい餃子」。上宮田の施設「三浦創生舎」との兼務で多忙を極めるが、待望の船出に語る表情は晴れやかだ。

 ○…野球一筋の少年時代を過ごし、高校3年で部活動を引退。それから進んだ道が社会福祉分野だった。進学後、初めての実習で出会った障害者の愛嬌ある親しみやすい性格にふれたことが出発点になり、接することの楽しさや仕事の喜びを見つけたと懐かしむ。「みんなそれぞれ個性豊かで、仕事は大変さより面白さの方が大きい」

 ○…知的障害を持つ人との意思疎通は容易いものではない。そのなかで大切にするのは、発信意欲を高めてもらうため、「まずは聞くスタンスでいること」だと言う。障害者福祉の現場に入りたての頃、指導役の先輩が明るく楽しそうに、ときには遊んだりふざけ合いながら関係を築く姿に感銘を受けて以来、自身も耳と心を傾けられる存在であり続けたいと決めている。管理職の施設長となって6年経つが、気持ちに変わりはない。

 ○…差別や偏見的な思考が発端となった津久井やまゆり園事件を機に、県は共生社会実現をめざす「ともに生きる社会かながわ憲章」を推進。これに対して、障害者が自信を持って社会参加できる機会、地域住民との交流の場の創出という双方向の関係性が必要と説く。「餃子いちばんもアットホームで、誰でも気軽に入れる店にしたい」。味だけでなく、地域密着の愛される店づくりが目標だ。

三浦版の人物風土記最新6

中山 勇気さん

三浦青年会議所(三浦JC)第60代理事長に就任した

中山 勇気さん

尾上町在住 39歳

1月8日号

倉重 光則さん

現代美術家で、横須賀美術館の企画展「ミニマリズムのゆくえ」に出品する

倉重 光則さん

74歳

11月20日号

西上床(にしうわとこ) 克浩さん

ロカビリーバンド「THE GARAGEBAND(ザ・ガレージバンド)」のリーダーを務める

西上床(にしうわとこ) 克浩さん

上宮田在住 52歳

11月6日号

小泉 隆さん

軟式野球チーム「ウォリアーズ」の監督を務める

小泉 隆さん

岬陽町在住 57歳

10月23日号

三根 かよこさん

三浦・三崎観光情報サイト「gooone」の編集長を務める

三根 かよこさん

向ヶ崎町在住 34歳

10月9日号

野村 工(たくみ)さん

障害者支援施設が運営する「餃子いちばん」などの施設長を務める

野村 工(たくみ)さん

横須賀市在住 40歳

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク