三浦版 掲載号:2020年10月23日号 エリアトップへ

軟式野球チーム「ウォリアーズ」の監督を務める 小泉 隆さん 岬陽町在住 57歳

掲載号:2020年10月23日号

  • LINE
  • hatena

野球できる喜びを力に

 ○…「正直、無理だと思っていた」。先月末に行われた、「第43回東日本軟式野球大会神奈川県予選」での初優勝を言葉少なに振り返る。初代の監督から引き継いで約25年。今では主力の多くが親子ほど年齢の離れた選手となったが、想像以上の活躍に目を細める。周囲のチーム監督が30〜40代に代替わりするなか、長期にわたり牽引。「ウォリアーズで野球がしたい」と集まった仲間たちと心を1つにする。

 ○…仲の良かった先輩や知人らと、チームを作ったのは今から約35年前。当時、日米プロレス界で人気を博したタッグチーム「ロード・ウォリアーズ」から名前を付けた。それぞれが忙しい本業の傍らで野球を続けており、チーム練習はほぼなく実戦で経験値を上げているという。「勝ってつまらない試合より、負けても楽しい方がいい」がチームのモットーだ。

 ○…本業は船舶電気業「小泉電機」の代表。漁船や遊漁船の魚群探知機などの機器の販売や修理を請け負う。「子どもの頃は男の子の外遊びと言えば野球だった」。部活動や少年チームに属していたわけではないが、気づけば今日まで野球一筋。その影響で息子も野球少年だったが、ある日誘われて体験したサッカーで才能が開花。横須賀シーガルズで頭角を現し、インターハイ出場も経験した。現在は関東サッカーリーグ1部で活躍しており、語る顔には嬉しさと寂しさが入り混じる父の表情があった。

 ○…今年はコロナ禍で練習や試合自粛が相次ぎ、我慢の日が続いたなかでの待望の県予選だった。「プレーできる喜びが良い方向に爆発し、『俺たちはいける』と県予選が自信になった。やるからには良い結果を報告したい」。初出場する本大会も気負わず、楽しみながら勝利をめざす。

三浦版の人物風土記最新6

中山 勇気さん

三浦青年会議所(三浦JC)第60代理事長に就任した

中山 勇気さん

尾上町在住 39歳

1月8日号

倉重 光則さん

現代美術家で、横須賀美術館の企画展「ミニマリズムのゆくえ」に出品する

倉重 光則さん

74歳

11月20日号

西上床(にしうわとこ) 克浩さん

ロカビリーバンド「THE GARAGEBAND(ザ・ガレージバンド)」のリーダーを務める

西上床(にしうわとこ) 克浩さん

上宮田在住 52歳

11月6日号

小泉 隆さん

軟式野球チーム「ウォリアーズ」の監督を務める

小泉 隆さん

岬陽町在住 57歳

10月23日号

三根 かよこさん

三浦・三崎観光情報サイト「gooone」の編集長を務める

三根 かよこさん

向ヶ崎町在住 34歳

10月9日号

野村 工(たくみ)さん

障害者支援施設が運営する「餃子いちばん」などの施設長を務める

野村 工(たくみ)さん

横須賀市在住 40歳

9月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク