三浦版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

現代美術家で、横須賀美術館の企画展「ミニマリズムのゆくえ」に出品する 倉重 光則さん 74歳

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena

過去と交差し生まれる芸術

 ○…1968年に初の個展を開催以降、写真や映像、パフォーマンスなど創作活動は多岐にわたり、とりわけ青いネオン管や蛍光灯を用いたアート表現が代名詞になっている。近年では、過去に発表したインスタレーションを再構築し、新しさと連続性の二面性を持つ作品を、三浦市内のアトリエで制作。このほど横須賀美術館で始まった「ミニマリズムのゆくえ」でも多数披露する。

 ○…福岡県久留米市生まれ。少年時代の遊び場は近所の酒蔵だった。四角い窓から差し込む光を頼りにメンコ遊びに興じていた空間には、地元出身の著名画家・坂本繁二郎や青木繁作品が展示されており、この頃の日常が美術作家人生の原体験だ。絵を描くことが好きで、家業を継がせたい両親に頼み込み、唯一受験した日大芸術学部に合格。上京を果たした。

 ○…昨年6月、国内外の現代美術家との5人展をアトリエで開き、盛況のうちに幕を下ろした。異なる表現方法を持つ作家が1つの空間を共有して、互いに作用し合う面白さを見せた。駆け出しの頃の作品は「自分の中のイメージの再現であり、それはアートではなかった」と回顧。葛藤で絵が描けなくなりながらも、新たな自分の模索を続けていった。

 ○…人生の晩年に過去と対話し、振り返ることが前進する力になる―。かつて、作家の五木寛之氏の対談を見て感銘を受けた。自身もいつか来る終末を意識するようになり、アーティストとして歩んできた50年以上の時間を作品を通して見つめ直し始めたという。今夏には、同じ時代を生きてきた仲間の訃報に接し、ことさら思いは強い。ゆくゆくは一冊にまとめたいと青写真を描く一方で、ここが終わりではなく「これからの分岐点になる」と前を見つめる。

三浦版の人物風土記最新6

倉重 光則さん

現代美術家で、横須賀美術館の企画展「ミニマリズムのゆくえ」に出品する

倉重 光則さん

74歳

11月20日号

西上床(にしうわとこ) 克浩さん

ロカビリーバンド「THE GARAGEBAND(ザ・ガレージバンド)」のリーダーを務める

西上床(にしうわとこ) 克浩さん

上宮田在住 52歳

11月6日号

小泉 隆さん

軟式野球チーム「ウォリアーズ」の監督を務める

小泉 隆さん

岬陽町在住 57歳

10月23日号

三根 かよこさん

三浦・三崎観光情報サイト「gooone」の編集長を務める

三根 かよこさん

向ヶ崎町在住 34歳

10月9日号

野村 工(たくみ)さん

障害者支援施設が運営する「餃子いちばん」などの施設長を務める

野村 工(たくみ)さん

横須賀市在住 40歳

9月25日号

藤田 貴世美さん

横須賀パッチワーク・キルト協会の理事長を務める

藤田 貴世美さん

尾上町在住 72歳

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月23日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月28日号

お問い合わせ

外部リンク