三浦版 掲載号:2021年1月8日号 エリアトップへ

三浦青年会議所(三浦JC)第60代理事長に就任した 中山 勇気さん 尾上町在住 39歳

掲載号:2021年1月8日号

  • LINE
  • hatena

「人・時代繋ぐ懸け橋に」

 ○…コロナ禍で受け取った第60代理事長の職務というバトン。従来の職責に加えて、激動する社会情勢によって柔軟な変化が求められる1年がスタートした。「活動を止めてはいけない」。重要なのは、様々な物事が中止・制限・縮小を余儀なくされる中でも、二の足を踏まず人のため地域のために何が出来るか考えること。今がJCの真価を発揮する時だ。

 ○…東日本大震災を機に2011年入会。発生直後から被災地へ物資を届けようと奔走するメンバーの姿に刺激を受けた。未曾有の事態という点においては、当時と同じような状況に置かれており、逆境を組織の成長につなげたいと考える。「上半期はオンラインを活用して研さんを積み、下半期は蓄積したものを事業として形にしたい」

 ○…大学で土木を学び、卒業後は父が経営する「中山カッター興業」に入社。現場や事務など幅広い業務をこなす。10年にわたるJCでの活動を振り返り、「人の話を理解して聞く耳を持てた」と話す。以前は考えるより言葉が先に出るタイプで、しばしば激論に発展したこともあったが、様々な意見を持つ先輩や仲間との出会いで考え方が変わったという。

 ○…現在会員は18人。増強は目下の課題だが、少数精鋭だからこそ「トップダウンではなく一枚岩になって作り上げたい」と、あえて委員を分担せず”全員野球”のスタイルをとった。「挑戦の年」と話す2021年。人と人、時代と時代を繋ぎたい-との思いから「懸け橋」というスローガンを掲げた。6月には市長選挙が控え、ネット配信の広がりを追い風に公開討論会の新たなアプローチ手法を模索。また、来年の60周年記念事業の準備も始まるなど、立ち止まっている時間はない。

三浦版の人物風土記最新6

長瀨 初美さん

私設文庫「潮かおる小さな文庫 のほほん」を開設する

長瀨 初美さん

三戸在住 51歳

6月11日号

出口 彩さん

「おやこのあそびば こちょ」代表で親子イベントなどを企画する

出口 彩さん

諸磯在住 29歳

5月28日号

永井 文子さん

「そなえるネットワークみうら」を発足し、防災ワークショップを主催する

永井 文子さん

上宮田在住 32歳

5月14日号

青木 信哉さん

三浦市民交流センター ニナイテの新館長に就任した

青木 信哉さん

下宮田在勤 50歳

4月30日号

板倉 博光さん

4月1日付で三浦市消防団の新団長に就任した

板倉 博光さん

三崎在住 62歳

4月16日号

三冨 由貴さん

三浦商工会議所青年部第17代会長を務める

三冨 由貴さん

三崎在住 41歳

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 6月11日0:00更新

  • 5月28日0:00更新

  • 5月14日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter