三浦版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

私設文庫「潮かおる小さな文庫 のほほん」を開設する 長瀨 初美さん 三戸在住 51歳

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena

小さな文庫で生き方示す

 ○…6月13日に開所を迎える私設文庫「潮かおる小さな文庫 のほほん」。念願とあって表情には、やる気がみなぎる。近年広く知られるようになったLGBTQといった性的マイノリティ、男女の身体の仕組み、老年期の性など、趣味を兼ねて集めた性と生に関する約1500冊の本が無料で閲覧できる蔵書室だ。必要があれば指導や相談、しかるべき対応が受けられるよう橋渡しも行っていくという。

 ○…大学病院の看護師として勤務していた約20年前、女性として出生し、性自認が男性である友人がいた。悩みを抱える姿に、自然と性と生について考えるようになったが、当時は性的少数者の社会的認知はまだ低く、インターネットの情報やSNSも普及していなかった頃。正しい知識が得られるのは専ら本で、大正・昭和から現代に至るまでの変遷を知ると、改めてその意義の大切さを実感したという。

 ○…学校や家庭で、いまだタブー視されがちな子どもへの性教育。現在17歳の自身の子には2歳から教え始め、その後、小学校の保護者の性教育サークルを運営したほか、市外の3団体に所属するなど普及啓発活動に余念がない。今年4月に上梓された専門書では、子どもと一緒に読んでほしい絵本の選書を担当。“先輩ママ”としての経験もいかし、学びの機会を提供する。

 ○…「これは昔の性科学書。見た人は手袋しなきゃと言うけれど、本は手に取って読んでこそ」。自宅の収納スペースを陣取り、家族からは呆れられてきた秘蔵のコレクションを惜しげもなく並べる。なぜこれほどまで情熱を傾けられるのか原動力を尋ねると、暫く考えたのち「生き方への探究心かな」と一言。小さな文庫からまた新たな伝播が始まる。

三浦版の人物風土記最新6

上野 憲一さん

油彩画家で、個展「回り、重ねる。」を開く

上野 憲一さん

小網代在住 73歳

10月22日号

浅倉 健人さん

三崎警察署員で、「わんわんパトロール隊」の1人として活動する

浅倉 健人さん

原町在住 61歳

10月8日号

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

石渡 勝雄さん

「三浦のいしぶみ100」の著者で、三崎白秋会の副会長を務める

石渡 勝雄さん

海外町在住 74歳

8月6日号

向坂 千佳さん

みうら青年ボランティアビューローの代表を務める

向坂 千佳さん

尾上町在住 27歳

7月23日号

岩野 明さん

7月1日付で奉仕団体「三浦ロータリークラブ」の新会長に就任した

岩野 明さん

東岡町在住 58歳

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook