三浦版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

油彩画家で、個展「回り、重ねる。」を開く 上野 憲一さん 小網代在住 73歳

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena

自然の美に心奪われて

 ○…鎌倉から小網代に居を移して約6年。三浦では初めての作品展を11月2日から開催する。森信三の「人生二度なし」やゲーテなどの言葉に感銘を受け、また妻の後押しもあって50歳で勤め先を早期退職。油彩画家としての道を歩み始めて早23年が経つ。まさに五十知命。「あと何年生きられるのか」と人生を見つめ考えた末の転身は、必然の帰結だった。

 ○…生まれは日本橋。早稲田大学卒業後、旭化成に入社し人事労務や住宅事業などに携わった。脂の乗った30代、「仕事は楽しかったが、自然に飢えていた」と振り返る。ある日、ふと思い立って辿り着いた山梨・小淵沢。山々が織りなす雄大な自然に心を打たれた時のことを「金縛りにあったようだった」と話す。以降、毎週末通っては山を歩き、八ヶ岳山麓にアトリエを構えて絵を描き始めたという。

 ○…創作意欲の源は、自然から得た感動だ。目に映る表面部分ではなく、深層心理にある色と形をキャンバスに表現。例えば花ならば、咲くまでの過程やそれを育む台地まで瞳を凝らす。また、人の気配や息遣いを落とし込むことも信条のひとつ。「自然を見ていると、描きたくて描きたくて筆が走る」。すぐさま納得のいく作品ができるわけではない。作り上げたものを壊すことは勇気がいるが、次の新たなひらめきを感じる瞬間も嬉しいのだという。

 ○…三浦の魅力は、高い山やビルが無く空が360度ぐるりと見渡せ、段丘があることなど尽きない。「西海岸、とくに黒崎の鼻の夕景はすばらしい」。そこかしこでインスピレーションを受け、創作衝動に駆られる街であり、「あとは暖かいのもいいね」と笑う。「作品展はこうした三浦の魅力を探索しながら楽しんでもらえたら」

三浦版の人物風土記最新6

川名 大介さん

三崎小学校第34代PTA会長を務める

川名 大介さん

三崎在住 44歳

12月3日号

川松 賢治さん

三浦市老人クラブ連合会会長で、県高齢者福祉関係功労者等表彰を受けた

川松 賢治さん

下宮田在住 79歳

11月19日号

松岡 かおりさん

「はっぴー子育て応援団」メンバーで、トリプルPセミナーの講師を務める

松岡 かおりさん

葉山町在住

11月5日号

上野 憲一さん

油彩画家で、個展「回り、重ねる。」を開く

上野 憲一さん

小網代在住 73歳

10月22日号

浅倉 健人さん

三崎警察署員で、「わんわんパトロール隊」の1人として活動する

浅倉 健人さん

原町在住 61歳

10月8日号

本間 清さん

NPO法人日本渚の美術協会の会長で、“渚の美術館”の開設をめざす

本間 清さん

都内在住 73歳

8月27日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook