三浦版 掲載号:2022年4月1日号 エリアトップへ

城ヶ島観光協会の新会長に就任した 高橋 真樹子さん 岬陽町在住 45歳

掲載号:2022年4月1日号

  • LINE
  • hatena

「伝統と遊び心」で前へ

 ○…「水仙」「白秋」「ススキ」の名を冠した祭りなどで、城ヶ島ならではの魅力を発信する観光協会。しかし、コロナショックが襲い、直近2年は催しの中止を余儀なくされた。こうした逆境の中で会員約25人をまとめるリーダーに抜擢された。「開催したい気持ちはやまやま。でもリスクも生じる。歯痒い思いを抑えながら、慎重に新企画も出していきたい」

 ○…愛知県名古屋市で生まれ、大学卒業後はアパレル会社に勤務。ある日、仕事の息抜きに福井県の越前海岸でダイビングを経験。「まるで異空間。心に染み入る美しさだった」。以来、その世界にどっぷり浸り、オーストラリアへ。ワーキングホリデーを利用しながらインストラクターの資格を取得。帰国後、西伊豆の会社を経て、36歳での結婚を機に「城ヶ島ダイビングセンター」代表に。「人に癒しを与えられることが私の喜び」

 ○…リゾートホテル建設に伴う公園整備や道路拡幅など、開発が進む島西部。「数年後にはモダンな景色が広がる。店が増えれば雇用も増え、島に活気が溢れる」と期待を抱きつつ、今後は多くの観光客を迎え入れる準備にも着手していく。協会メンバーは年上が多いが、向かい合えばざっくばらんに話し合える仲。「皆に馴染んできたのは、ここ最近。仕事上だけではない付き合いで、やっと個々の人柄を理解できるようになった」と感慨もひとしおだ。

 ○…島周辺の海ではタツノオトシゴが見られるほか、漁師から伊勢海老やアワビをもらうなど、自然の恵みを受けて暮らす。幼い2人の娘もシュノーケリングで魚観察に夢中。「豊かな自然をたくさんの人に知ってほしい。先輩方が築いた伝統を継承しながら、遊び心あるアイデアで、観光業を盛り上げていきたい」

三浦版の人物風土記最新6

山口 真生子さん

「全国消防職員意見発表会」に横須賀市消防局職員初の出場を果たした

山口 真生子さん

三浦消防署在勤 27歳

6月24日号

菊地 未来さん(愛称:みくに)

「朝めし あるべ」の2代目店主を務める

菊地 未来さん(愛称:みくに)

三崎在住 32歳

6月10日号

坪井 正行さん

神奈川県さつき愛好会三浦支部で顧問を務める

坪井 正行さん

岬陽町在住 84歳

5月27日号

太田 広明さん

三崎警察署の署長を務める

太田 広明さん

上宮田在住 53歳

5月13日号

吉井 大輝さん

レンタルスペース「HANPAもろいそ」を運営する

吉井 大輝さん

諸磯在住 30歳

4月15日号

高橋 真樹子さん

城ヶ島観光協会の新会長に就任した

高橋 真樹子さん

岬陽町在住 45歳

4月1日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook