逗子・葉山版 掲載号:2011年1月14日号
  • googleplus
  • LINE

廃材で100分の1「三笠」 逗子市沼間在住の大澤さんが制作

およそ10ヵ月かけて制作した「三笠」。細部まで忠実に再現されている
およそ10ヵ月かけて制作した「三笠」。細部まで忠実に再現されている

 戦艦「三笠」を廃材で再現―。逗子市沼間在住で看板製作業を営む大澤孝一さんがこのほど、仕事で出る廃材や身近な生活用品などを使って戦艦三笠の100分の1スケールの模型を制作した。

 5年ほど前から趣味で戦艦のプラモデルを作っていたという大澤さん。「大和」や「金剛」「飛龍」などこれまで数々の模型を作ったが「既製品はコストもかかるし、何とか自分で作れないか」と手づくりに挑戦。戦艦は身近に実物のモデルがある三笠を選んだ。ポリシーはなるべく市販のものを使わないこと。船体は看板づくりで余った木材を組み立てカンナで削りだした。またマストには絵筆、煙突にはスプレー缶、スクリューの先にはボールペンの頭など身の回りにあるものを利用。「実際のパーツに見える素材を探すのに苦労した」と振り返る大澤さん。

 製作期間はおよそ10ヵ月。仕事の合間を縫って根気よく作業を続け、より実物に近づけようと幾度となく三笠公園にも足を運んだ。「製作中は東郷元帥がどこを歩いたのか、どういう指揮をとったのか、当時に想像をめぐらせながら作りました」。完成した模型は約130cm。全体の輪郭はもちろん、甲板のくすみ具合やサビまで廃材を使ったとは思えないほど、細部まで忠実に再現。その完成度は昨年末に行われた横須賀の物産展に同市観光課から「ぜひ出品させてほしい」と依頼があったほど。模型を前に大澤さんも「記念すべき1隻目。愛着もありますね」とご満悦の様子だ。

 現在は2隻目として初代南極観測船の「宗谷」を製作中。また今後は「やっぱり軍艦が好きだから航空母艦も作ってみたい」と創作意欲はまだまだ尽きない様子。「でも奥さんに怒られない程度にしないとね」と笑顔で結んだ。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク