逗子・葉山版 掲載号:2011年11月18日号
  • googleplus
  • LINE

地元舞台の映画「ぜひ観て」 喜多監督らが映画「シェアハウス」をPR

文化

映画をPRする喜多監督(右)と主演の佐伯さん
映画をPRする喜多監督(右)と主演の佐伯さん

 逗子市や葉山町で撮影された映画「シェアハウス」(喜多一郎監督)の関係者らが5日、逗子海岸を訪れ、ロードショーに先駆けてPRイベントを行った。

 マリンスポーツや砂浜遊びなど逗子海岸の年間の魅力を知ってもらおうと活動している「ビーチクラブ」の定例会に訪れたのは喜田監督や主演の佐伯めぐみさんら。同映画はロケ地として逗子や葉山が舞台となっており、海岸に集まった人に喜多監督は「地元愛に根ざした映画。ぜひ地元から人気に火をつけてほしい」とPR。県内出身の佐伯さんも「知った場所が出てるなど地元の方ならではの発見があると思う」と背中を押した。またこの日は主題歌を歌っている2人組ユニット「アルマカミニイト」も訪れ、主題歌「青にのせて」など3曲を披露した。会場を訪れていた一人は「映画のコンセプトも面白そう。地元が出てるのであれば観てみたい」と話した。

 同映画は海のそばでシェアハウス(共同生活)を始めた、世代の違う4人の女性の人生を描いたストーリー。主演に吉行和子さん、佐伯めぐみさん、浅田美代子さん、木野花さん。12日から県内10館で先行上映されている。

 映画に関する詳細は同映画ホームページ(「シェアハウス」で検索)まで。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年3月9日号

お問い合わせ

外部リンク