逗子・葉山版 掲載号:2013年7月5日号
  • googleplus
  • LINE

葉山の古代史、石で辿る 葉山しおさい博物館

教育

20個の岩石や化石を展示
20個の岩石や化石を展示

 葉山しおさい公園内にある博物館の一角で、企画展「石で辿る葉山のおいたち〜深海から生れた三浦半島」が開催されている。

 会場では、葉山町で最も古いとされる3700万年前の玄武岩を皮切りに、ナウマンゾウが生息していた10万年前のホタテ貝の化石まで、20の岩石や化石を紹介。葉山層、逗子層、池子層など地層ごとの歴史や採取された化石などにも触れている。化石を中心に海底の鉱物が集まって雪だるまのようにしてできた球体の「子産石」や生き物の巣穴がもとでくぼみができた「へそ石」なども目を引く。「夏休みの課題研究などにも役立てて」と同職員。

 展示は7月28日(日)まで。開館は午前8時30分から午後5時。博物館観覧は無料だが、同公園の入場料300円が必要。月曜休館。問合せは同館【電話】046・876・1155まで。
 

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

暑中お見舞い申し上げます

一般社団法人逗子葉山青年会議所

Mission ~すべてはまちのため、未来のために~

http://zushi-hayamajc.jp/

<PR>

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月27日号

お問い合わせ

外部リンク