神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
逗子・葉山版 公開:2015年5月15日 エリアトップへ

体験学習施設内にある「CAFE CHOCOTTO」で行われる「ちょこっとライヴ」のプロデュースを手掛ける 近藤喬之(たかゆき)さん 逗子市小坪在住 25歳

公開:2015年5月15日

  • LINE
  • hatena

クラシックを日常に

 ○…「0歳から楽しめるクラシック音楽」をコンセプトに、毎月行われる無料の音楽会。昼下がり、小さな店内には声楽や管楽、弦楽の美しい音色が響き渡る。飲み物を片手に本格的なクラシックを楽しんだり、時には流行りの曲を子どもたちが一緒に歌ったり。先月で丸1年を迎え、今では店内に観客が収まりきらないこともしばしば。「場所を提供して下さる方、出演してくれる演奏家。皆さんの助けがあってこそ」と感謝が口をつく。

 ○…国立音大声楽科を卒業。自らも演奏者の一人として舞台に立つ。大学時代、教育実習で赴いた中学校で音楽の授業に関心を示さない生徒たちを目の当たりにし、少なからずショックを受けた。「馴染みがないから受け入れられない。幼い時から日常的にあれば、もっとクラシックが身近になるはず」。施設を訪れる多くは幼い子連れ。音楽会の狙いは、垣根が高いと思われがちなクラシックを広く日常に浸透させること。「普通の高校生同士で『この間バッハのカンタータ聞いた?』みたいな会話が当たり前になったら」。青写真を描くと自然と笑みがこぼれる。

 ○…音楽会には、若手演奏家に活動の場を提供する意味合いもある。有名な音大を卒業しても、音楽を糧に生活していける人はほんの一握り。自身も飲食店で仕事を持つ傍ら活動を続けている。やりきれないのは、才能がありながらも経済的な事情などで音楽を辞める人が後を絶たないこと。「そういうのは本当にもどかしくて悲しい」。実情に思いを巡らすと思わず声が震える。

 ○…この春、これまでの経験をもとに若手演奏家による出張演奏を手掛ける「+M(ぷらすみゅーじっく)」を立ち上げた。まだ産声を上げたばかりだが、依頼も増えつつあり、いずれはNPOにする構想もある。「地道ですが、コツコツとやっていれば結果はついてくると信じていますから。楽観的かもしれませんけど」。そう言ってほほ笑んだ。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

金 振さん

葉山を舞台にした地球環境について考えるSF舞台劇を制作する

金 振さん

葉山町一色在住 48歳

6月7日

深沢 武さん

逗子フリースクール連絡協議会の代表を務める

深沢 武さん

逗子市小坪在住 54歳

5月24日

杉山 晴香さん

映画『夏の一歩』で演技指導を担当した

杉山 晴香さん

逗子市小坪在住

5月10日

小田 乃梨さん

今回から葉山芸術祭の実行委員を務める

小田 乃梨さん

葉山町一色在住 41歳

4月26日

志原 光徳さん

第54代逗子警察署長に就任した

志原 光徳さん

逗子市池子在住 58歳

4月12日

柳川 謙司さん

第75代葉山警察署長に3月19日付で就任した

柳川 謙司さん

横浜市在住 59歳

3月29日

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 5月24日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook