逗子・葉山版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

葉山町議会 真相解明に向け百条委 職員給与過払い問題めぐり

政治

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena
初会合が行われた調査特別委員会(百条委員会)の様子(=13日、町役場)
初会合が行われた調査特別委員会(百条委員会)の様子(=13日、町役場)

 葉山町が1998年から2015年までに400万円を超える職員給与を過払いしていた問題をめぐり、葉山町議会は12日、臨時会を開き、真相解明に向けて調査特別委員会を設置することを全会一致で可決した。地方自治法100条に基づく、通称「百条委員会」と呼ばれるもので、同町での設置は2003年6月以来2度目。

参考人招致し、調査・報告へ

 同問題をめぐっては、14年度決算審査を行った9月定例会で、町が過去職員4人に対し、扶養手当や時間外手当など約436万円を過払いしていたことが発覚。その後、うち約403万円は14年度末までに返納されたものの、時効による一部欠損や当時の関係書類がないことが判明した。

 同議会は先月8日、同法98条に基づく検査特別委員会(98条委員会)を設置し、のべ4日間審議を重ねたところ、新たな事実が浮上。11年3月に職員1人から「1年下の後輩よりも給与が低い」との申し出を受け、町は過去の昇給に誤りがあったとして翌年4月に差額分約200万円を支給(後の検証で昇任に誤りがないことが分かり返納)したが、同じケースの5人の職員には対応を怠っていたことが分かった。時効に関する書類が不存在になっていることや町の対応について各委員から問題視する声が相次ぎ、「事実を明らかにするため」としてより強制力のある百条委の設置に踏み切った。

 百条委は関係者の出頭や証言を要求することができ、偽証には罰則が科される。設置が決まった翌13日には初会合が行われ、退職者を含む当時の関係者9人に出席を求めることや必要に応じて山梨崇仁町長の出席を求めることを決定。今後計5回の会合を予定しており、来年2月定例会で報告するという。委員長は伊東圭介議員、副委員長は横山すみ子議員が務める。

 百条委の設置について山梨町長は「町民が不安を感じていれば大変申し訳ない。前町政の課題を整理する中で分かったことではあるが、良いことも悪いことも包み隠さず明らかにしていく」とコメントした。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

水難救助 民間と連携

逗子市

水難救助 民間と連携 社会

迅速な対応目指す

12月4日号

年末年始の窓口業務縮小

葉山町

年末年始の窓口業務縮小 社会

新春の集いは中止

12月4日号

コロナ乗り越え開催へ

葉山駅伝

コロナ乗り越え開催へ スポーツ

12月1日から申込受付

11月20日号

小柴さんの業績紹介

理科ハウス

小柴さんの業績紹介 教育

直筆メッセージの展示も

11月20日号

余った食材 必要な世帯に

葉山町社協

余った食材 必要な世帯に 社会

コロナ禍生活支援の一環

11月6日号

“プレミアム”な逸品開発

逗子市事業者

“プレミアム”な逸品開発 経済

商品券発売にあわせ

11月6日号

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク