逗子・葉山版 掲載号:2016年10月21日号
  • googleplus
  • LINE

葉山町文化協会の会長を務める 伊東 宥子さん 葉山町長柄在住 69歳

仲間と作り上げる面白さ

 ○…音楽や美術に携わる町内20の団体が活動の成果を披露する葉山町文化祭。協会発足以前から続いてきた伝統ある文化の祭典も今年で50回の節目を迎える。日ごとに繰り広げられるステージや展示。音楽や絵画、手工芸、書、俳句など内容は多岐に渡り、取りまとめ役の自身も多忙な日々を送るが、「苦にはならない」と意に介さない。「一緒に活動する皆さんの力添えがあってこそ。一人で出来ることではありませんから」と朗らかな笑みを浮かべる。

 ○…2期4年のかじ取り役を務めた実績を買われ、今年5月、4年ぶりに会長職に再任した。「通称”出戻り会長”って言ってるんですよ」と茶目っ気たっぷりに笑う。文化祭を控え、思案を重ねた。半世紀の節目に相応しい記念行事は何か。著名人をゲストに招き盛大に、という選択肢もあった。「でも、もっと地域に根差して、人々の記憶に残るものに」。辿り着いたのは50年前の再現。手元に残る当時のプログラムを参考に地元幼稚園児や小学校児童による演奏会を提案。その後役員とともに関係者の協力を仰いでまわり、実現にこぎつけた。

 ○…町合唱連盟の会長でもあり、23年前にはベートーベンの「交響曲第9番」を演奏したいと「葉山第九合唱団」を立ち上げた。一流の管弦楽団や声楽家を招くのには多大な費用を要したが、メンバーとともに広告協賛を募り、壮大な”第九”の音色を葉山に響かせた。「それも仲間がいるからこそできたこと」と感謝が口をつく。仲間と共に作りあげる面白さ。それが今も活動の原動力になっている。

 ○…高齢化や趣味の多様化で会員は減少傾向にあるが、「文化は人と心を育てる」がモットー。「葉山が文化の薫るまちであるためには、その担い手が不可欠。だからこれからも皆さんと育んできたい」。文化祭はいわば、各団体による集大成の場。「葉山町あげての文化活動。ぜひ多くの人に足を運んでご覧いただけたら」

逗子・葉山版の人物風土記最新6件

金子 昌司さん

ニホンミツバチの養蜂を通じ、葉山の環境改善に取り組む

金子 昌司さん

9月7日号

森 幸夫さん

逗子、葉山、鎌倉の2市1町を管轄する鎌倉税務署長に就任した

森 幸夫さん

8月24日号

堤崎 良子さん

徳之島の特産品を扱う「島の八百屋さん」を営む

堤崎 良子さん

8月3日号

山本 由夫さん

逗子ロータリークラブの第58代会長に就任した

山本 由夫さん

7月20日号

平井 寿奈(じゅな)さん

逗子サーフライフセービングクラブのメンバーで女性初の監視長を務める

平井 寿奈(じゅな)さん

7月6日号

岸田 朋子さん

7月6日に開かれる逗子創業セミナーでモデレーターを務める

岸田 朋子さん

6月22日号

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月7日号

お問い合わせ

外部リンク