逗子・葉山版 掲載号:2017年3月24日号 エリアトップへ

特別養護老人ホーム「逗子ホームせせらぎ」施設長で市の男性向け介護講座で講師を務めた 押川 哲也さん 逗子市久木在住 42歳

掲載号:2017年3月24日号

  • LINE
  • hatena

ひとりで背負い込まない

 ○…超高齢社会となった今、在宅介護のあり方が多様化し、夫が妻を、息子が母をと男性が参加する場面が増えている。だが一方で、高齢男性の中には慣れない家事や介護を両立する生活に疲れ切ってしまうケースが少なくない。老老介護で悩みを抱え続けた結果、虐待や最悪の場合、悲惨な事件に結び付いてしまうこともある。そうした社会状況の中で必要と考えるのが、いい意味での「適当さ」だ。

 ○…施設の相談員を務めていたとき、男性の特徴として感じたのは介護に真面目に向き合う人が多いということ。ただそれは裏返せば「介護はこうあるべき」という固定観念のもと、多くの負担を自らに課し、悩みを抱え込む人が多いということでもある。ただでさえ介護中は自由に外出しづらく、孤立しがち。ひとりでストレスを抱え続ければ当然いつかは破綻する。「もっと早く相談に来てくれていたら」。そう実感することも多々あった。「弱音を吐いてもいいし、介護サービスを利用することは恥ずかしいことでもない。頑張りすぎないことが在宅では一番大切」と訴える。

 ○…大学卒業後、専門学校を経てせせらぎに入職。寄り添った介護をするために利用者が何を求めているのか手探りする日々を「宝探しのよう」と例える。働いて間もない頃、脳梗塞で話せなくなった外国人の男性がいた。何とか打ち解けようにも介助を任せてくれない。そこで男性が好きというジャズの曲を3カ月間日替わりで流し続けると、初めてニコッとほほ笑んだ。以降は介助を嫌がられることもなくなり「一番嬉しい瞬間だった」と振り返る。

 ○…介護需要が一層高まる中、介護保険だけではなく、地域ぐるみでどう支えていくかは逗子でも例外なく課題だ。施設と在宅のいずれかだけではなく、地域で横の繋がりを作っていくことも欠かせない。介護する人もされる人もどうすれば幸せになれるか。その視点こそが鍵と考えている。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

森本 雅之さん

逗子市商工会青年部第55代部長を務める

森本 雅之さん

逗子市在住 41歳

4月30日号

菊池 操さん

若い女性向け支援付きシェアハウス「アマヤドリ」を運営する

菊池 操さん

葉山町在住 37歳

4月16日号

佐藤 輝さん

ダイビングガイドとして活動しながら初の写真集を出版した

佐藤 輝さん

葉山町在住 45歳

4月2日号

大西 ようこさん

テルミン・ミュージアムを開いた

大西 ようこさん

逗子市在住

2月5日号

上田 芳雄さん

逗子市被爆者の会(つばきの会)の会長を務める

上田 芳雄さん

逗子市在住 78歳

12月4日号

天野 純治さん

横須賀美術館で展示を行っている

天野 純治さん

葉山町在住 71歳

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter