逗子・葉山版 掲載号:2017年5月12日号 エリアトップへ

神武寺の76世住職を務める 土屋 慈恭(じきょう)さん 逗子市桜山在住 52歳

掲載号:2017年5月12日号

  • LINE
  • hatena

できること、少しずつ

 ○…33年と12年に一度。三浦半島の2つの霊場で周期が重なるのは実に132年ぶりだ。前例があるか定かではないが、一大行事として同時開帳してみてはどうだろう。「御朱印ブーム」を始めとした、近年の仏教への追い風もある。人口減や高齢化にあえぐ半島の活性化にも寄与できるのではないか。そんな発想から始まった「三浦二大霊場大開帳」。関係機関との調整役となり、1年以上費やして準備を重ねてきた。「市民団体や皆さんの協力あってこそ。形になって本当に嬉しい」

 ○…源頼朝が崇敬したとされ、三浦半島内でも有数の古刹として知られる神武寺。祖父の代から住職を歴任しており、今年に入って76世住職に就いた。豊かな緑に囲まれ、静謐とした環境は自らが生まれ育った場所でもある。「子どもの頃から両親や檀家さんがいて、いつか自分もお寺を継ぐのかなという自覚はあった」と記憶を辿る。当たり前のように僧侶になることへ葛藤もあった。だがそれも大学進学を控え、進路を考えたとき「この環境を自分が守っていかなければ」との責任感に変わっていった。

 ○…日頃感じた疑問に自分なりの答えを見出すことが習慣―。そんな性格も影響しているのかもしれない。元々志していたのは教師。大学を出た後も研究所に身を置き、仏教や教学の歴史などの学問に励んだ。半世紀以上、仏門に携わってきた経験を経て「仏教とは何か」との問にこう切り返す。「人がより良く生きるためのツールだと思います」

 ○…寺離れや仏教離れ。価値観の多様化や人口減は、一般社会に限らず寺院にも苦境をもたらしている。受け身を続けるだけでは、いずれ仏教も寺も社会から置き去りにされてしまうかもしれない。今回の企画を実現に向け奔走してきたのも、そんな危機感があったからだ。何が特効薬になるかは誰にも分からない。それでもこう考えている。「良いと思ったことは少しずつでもいい。まずはやってみて」

逗子・葉山版の人物風土記最新6

松澤 有子さん

海のほとり美術館を制作する

松澤 有子さん

逗子市在住 

5月13日号

中田 美緒さん

デフリンピック女子バレーボールに日本代表として出場する

中田 美緒さん

葉山町出身 21歳

4月29日号

三田村 鳳治さん

東逗子駅開業70周年実行委員会の相談役に就任した

三田村 鳳治さん

逗子市在住 100歳

4月15日号

半田 志野さん

ゼロエミッション逗子を立ち上げた

半田 志野さん

逗子市在住

4月1日号

日澤 準弥さん

日本コーンホール協会を立ち上げた

日澤 準弥さん

逗子市在住

3月18日号

村上 理恵さん

地元の魅力を伝える食品開発を行う

村上 理恵さん

葉山町在住

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook