逗子・葉山版 掲載号:2017年6月23日号 エリアトップへ

ボランティア団体「共生’95」 「みどりの愛護」に功績 国交大臣表彰を受賞

文化

掲載号:2017年6月23日号

  • LINE
  • hatena
平井市長(左)に受賞を報告する「共生’95」のメンバーら
平井市長(左)に受賞を報告する「共生’95」のメンバーら

 逗子市内で活動する男性ボランティアグループ「共生’95」(冨田邦衞会長)がこのほど、国土交通大臣が表彰する「みどりの愛護」功労者の受賞団体に選ばれた。同団体のメンバー3人が15日、逗子市役所を訪れ、平井竜一市長に受賞を報告。今後に向けた活動の抱負などを語った。

 表彰は花や緑の愛護に顕著な功績のあった民間団体を対象に贈られるもの。第28回目の今年は全国133団体(うち県内10団体)が受賞した。

 同団体は市社協の男性向けボランティア講座の受講者らが中心となって1995年に発足。現在31人の会員が所属し、市内の公園やハイキングコースの樹木選定や清掃のほか、高齢者宅の草刈などを定期的に行っている。

 冨田会長は受賞を受けて「励みになる。メンバーの高齢化が進んでいるので、活動を広めるきっかけになれば。今後は次世代をどう巻き込んでいけるかが課題です」と展望を交えて報告。平井市長は「これまでも大変活躍されて、皆さんにはノウハウもある。今回をきっかけに新しい広がりが生まれることを期待します」と応じた。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

家族の姿あぶり出す

家族の姿あぶり出す 文化

逗子市在住 喜多さん新作

11月15日号

「子どもの未来に役立てて」

ずし呑み実行委

「子どもの未来に役立てて」 社会

市内3団体に寄付

11月15日号

花の木公園で譲渡会

花の木公園で譲渡会 文化

獣医師による講義も

11月15日号

思い出話に花咲かす

思い出話に花咲かす 社会

沼間中でカプセル開封

11月15日号

「首里城再建できることを」

「首里城再建できることを」 社会

沖縄まつり実行委

11月15日号

逗子中生の研究展示

理科ハウス

逗子中生の研究展示 教育

工夫や過程辿る

11月15日号

逗子の魅力カレンダーに

逗子の魅力カレンダーに 社会

市観光協会で販売中

11月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月18日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク