逗子・葉山版 掲載号:2018年6月8日号
  • googleplus
  • LINE

「BBQは葉山の炭で」 炭焼同好会の作業大詰め

文化

永津会長(前列右から3番目)ら会員と当日の参加者たち
永津会長(前列右から3番目)ら会員と当日の参加者たち
 昔ながらの方法で炭を作っている「葉山炭焼同好会」(永津久典会長)では、夏のBBQシーズンに向けて作業が大詰めを迎えている。

 6月2日には完成した炭を取り出す作業と、新たに焼くための「火入れ」が行われた。この日は会員の友人らも参加。総勢8人が汗を流した。

冬の風物詩

 会長を務める永津さんによれば、かつて町内では盛んに炭焼きが行われていた。「農家の冬の仕事だった。子供の頃は、寒くなってくるとあちこちの谷戸から煙が立っていた」という。しかし、石油などの化石燃料が台頭し、炭の需要は激減。作り手もいなくなってしまった。

 そんな昔の風景を取り戻そうと2006年、上山口町内会の有志が中心となり設立した同会。現在は5人の会員で活動している。

 窯は他地域のものを参考にしながら、セメントではなく泥を使って半月かけて作り上げた。炭の材料となる薪は上山口のケヤキのみを使う。伐採した木を均等なサイズにするための薪割り機は、ユンボのタンクやベルトコンベアーのエンジンを組み合わせて作った会員のオリジナルで、まさに「葉山の炭」と言えるものになっている。

小学生も体験

 同会は上山口小学校の児童を対象に、定期的に炭焼き体験教室を行なっており、伝統文化の継承にも力を入れる。

 「葉山の炭」の認知度は着実に上がっており、地元はもちろん、県外からも注文が入る。BBQのほか、茶道や火鉢を使っている人から「美味しく焼ける」「火持ちが良い」などと好評だという。永津さんは「肉体労働が多く、なかなか納得できる炭はできない。それでも、うまくできたときや喜ぶ人の顔を見るとやりがいを感じるね」と笑顔で語っていた。

 現在、同会は会員を募集している。また、炭は形の整った「良品」が1袋(9キロ)で2千円、BBQ用は千円で販売している。問い合わせは【携帯電話】090・5417・2800永津さんへ。

窯から炭を取り出す会員
窯から炭を取り出す会員

安心のインプラント治療

3500本以上の症例実績は三浦半島屈指。横須賀中央駅徒歩4分

http://www.nagashima-dc.com/

<PR>

逗子・葉山版のローカルニュース最新6件

逗子・葉山版の関連リンク

あっとほーむデスク

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月22日号

お問い合わせ

外部リンク