逗子・葉山版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

フレスコボール体験に300人 地元クラブと医療法人が共催

スポーツ

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
当日は桐ケ谷覚逗子市長も参加した。
当日は桐ケ谷覚逗子市長も参加した。

 近年注目を集めるビーチスポーツ「フレスコボール」の体験会が5月5日、逗子海岸で開かれた。

 フレスコボールは、ペアになり、ラケットとボールでラリーを続けた数を競う。相手を負かすのではなく、「思いやりのスポーツ」とも呼ばれるブラジル発祥の競技。道具さえあればビーチや公園など、どこでもできる気軽さと、子どもから大人まで楽しめるのが特徴だ。

 今回は、逗子葉山でクリニックを展開する医療法人メディスタイルが老若男女が楽しめ、健康増進につながるスポーツであることに着目し、逗子フレスコボールクラブと共催した。

 連休中、好天に恵まれたこともあって逗子市内外から300人以上が参加。同クラブ所属で、日本代表選手でもある斉藤亮太さん=人物風土記で紹介=は「各地で体験会を開いているが、これほど盛り上がったのは初めて。このスポーツの魅力を多くに人に知ってもらえたら」と手応えを語った。

 南米やアメリカ西海岸エリア、ヨーロッパを中心に愛好者が多く、競技人口は70万人にのぼり、国際大会も開かれている。

 国内では今年3月、逗子と関西、福岡で地域クラブが発足。競技の普及促進や地域交流を行っている。同クラブは毎週末、逗子海岸で練習を行っており、「道具は用意しているので、興味がある方は気軽にお越しください」と呼び掛けている。

 詳細は「逗子フレスコボールクラブ」で検索を。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

ガラスの伝統装飾に迫る

ガラスの伝統装飾に迫る 文化

まちづくり館で「きらく座」

11月19日号

アプリ活用し健康増進

逗子市

アプリ活用し健康増進 社会

ポイント貯めると賞品も

11月19日号

リストの世界を堪能

誰一人取り残さないまちに

誰一人取り残さないまちに 社会

来月 福祉教育セミナー

11月19日号

レジ前に詐欺防止ステッカー

レジ前に詐欺防止ステッカー 経済

クリエイト全店で

11月19日号

発祥のドリア販売

ニューグランド

発祥のドリア販売 経済

読者3人にプレゼント

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月19日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook