逗子・葉山版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

葉山のこれから考える 今週末 まちづくり展

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena
(上から時計回りに)東信史さん、川崎直美さん、福田和則さん、清水明絵さん、朝山正和さん
(上から時計回りに)東信史さん、川崎直美さん、福田和則さん、清水明絵さん、朝山正和さん

 葉山町で活動する市民団体や教室などが、日頃の活動紹介や、練習の成果を披露する「第19回葉山まちづくり展」がきょう、5月17日(金)から19日(日)まで、町福祉文化会館で行われる。午前10時から午後5時(最終日は4時)まで。

 大会議室では29団体がブースを出店。二子山山系自然保護協議会は迷わず安全に下山する方法を紹介するほか、葉山わな猟の会は、実物大のイノシシの写真を展示。はやま防災ネットワークは町のハザードマップを紹介しながら、来場者とともに、いざという時の行動を考える。また、まちづくり団体によるアンケート調査の結果発表なども行われる。

 ホールでは演奏会や空手道演舞、木遣、和太鼓演奏などの披露が行われる。大会議室やホワイエでは、おてもと製作や蜜蝋ラップ作り、町内の竹林整備で出た不要な竹を利用した竹細工などのワークショップも開かれる予定。葉山産サザエを使ったサザエご飯やビア缶チキンなど、町内の飲食店による出店もあり、家族で一日を通して学び、遊べる内容になっている。また、会場では「皇室思い出写真展」を開催。皇室関係者と町民との交流を収めた写真などが展示される。

 イベントに関する詳細は、町役場や町立図書館などで配布されているチラシで確認を。

芸術祭とコラボ「フォーラム」

 葉山芸術祭と葉山まちづくり協会のコラボイベント「ローカル アクション フォーラム」が5月26日(日)、町立図書館2階ホールで開かれる。午後1時から5時頃まで(途中休憩あり)。

 3年前からそれぞれのパンフレットに告知を掲載し宣伝協力を行い、昨年は活動を紹介するアーカイブ展やパンフレット・ポスター展を行ってきた縁から、今回は「より有意義な企画を」とフォーラムを初開催。「ワクワクするまちづくり」をテーマに、イベント関係者やまちづくりに携わる当事者がパネリストとして登壇する。

 基調講演には、地域の資源を生かしたまちづくりや仕事作りを行っている「まちとしごと総合研究所」代表の東信史さんを京都から招へい。東さんは関西地域を中心に、大都市ではない地域だからこそできる暮らし方や働き方を提案。住民と共に創出しているほか、京都祇園祭ごみゼロ大作戦などを行っている。「自分事として楽しくかかわれる場作り」「支援団体や活動団体のありかた」などをテーマに地域のこれからを語る。

 パネリストは、朝山正和さん(葉山芸術祭実行委員)、川崎直美さん(葉山まちづくり協会理事)、清水明絵さん(はやま食卓プロジェクト実行委員会代表)、福田和則さん(株式会社エンジョイワークス代表取締役)の4人。それぞれの活動紹介や抱えている課題、今後の展望などを披露し、これからの葉山におけるまちづくりについて参加者と共に考える。参加無料で定員60人。問い合わせは【電話】同協会046・876・0421へ。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

元気と生きがい地域に

元気と生きがい地域に 社会

有志団体がNPO法人化

4月30日号

弦楽合奏を堪能

弦楽合奏を堪能 文化

小泉ひろしさんが指揮

4月30日号

学生繋がる機会に

学生繋がる機会に 文化

団体の活動ウェブで紹介

4月30日号

展示スペースを一新

展示スペースを一新 文化

葉山まちづくり館

4月30日号

話題の場所に記者潜入

話題の場所に記者潜入 社会

レアな情報サイト

4月30日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 経済

中小企業の15事例掲載

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter