逗子・葉山版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

給食センター 長柄小学校隣接地に計画 22年度の供用開始目指す

政治

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

 葉山町の山梨崇仁町長は5日、定例記者会見で、給食センター予定地を長柄小学校隣接地に変更し、建設に向けた準備を進めると発表した。関連費用を2019年度6月補正予算案に計上した。

 町と町教育委員会によるとセンターは2階建て。1階が厨房で町立小中学校6校の給食を一括調理・配送する。2階には会議室やスタッフ用のスペースを設ける予定。設計施工一括発注支援業務や地質調査、道路拡幅用地の取得などにかかる費用約2550万円を2019年度一般会計補正予算に計上した。

費用を圧縮

 県内の中学校で完全給食の導入が進むなか、町は2015年、給食センターの整備計画を発表した。町立小学校の調理施設がいずれも70年代前後に建設され、老朽化が進んでいることなどから、町立小中学校全6校の給食調理と配送を行うセンター方式を採用。安全面や費用面で効率化を図るとした。

 当初の予定地は上山口小学校旧校舎だったが、付近の通学路が狭く配送トラックの通行を不安視する声が噴出。これを受けて16年には、葉山中学校敷地内の斜面を候補地とする構想をまとめた。

 しかし造成工事に費用がかさみ、総工費が19億円にまで膨らんだ。議会からは疑問の声が上がり、18年度第1回定例会で、当初予算案に盛り込まれていたセンターの設計業務委託費を全額予備費に回した修正案が可決。2020年9月の供用開始を目指していた計画は事実上、凍結していた。

 山梨町長は「仕切り直しの第一歩となる。総工費は14億4千万円以内に収め、安心安全で美味しい給食を実現したい」とした。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

失語症会話カフェ誕生

失語症会話カフェ誕生 社会

町在住当事者夫妻が立ち上げ

10月18日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

“プラ使わない町”アピール

葉山町

“プラ使わない町”アピール 政治

民間事業者とも連携

10月4日号

パートナーシップ制度導入へ

逗子市

パートナーシップ制度導入へ 社会

来年4月向け検討進める

10月4日号

今月末に解除の見通し

小坪隧道通行止め

今月末に解除の見通し 社会

台風15号の爪痕残る

9月20日号

南郷公園に休憩所整備

町奉祝実行委

南郷公園に休憩所整備 社会

「町民の憩いの場に」

9月20日号

逗子の空気感一冊に

地元在住編集者夫妻

逗子の空気感一冊に 文化

スペインチームにプレゼント

9月6日号

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク