逗子・葉山版 掲載号:2019年10月4日号 エリアトップへ

葉山町 “プラ使わない町”アピール 民間事業者とも連携

政治

掲載号:2019年10月4日号

  • LINE
  • hatena
マイボトルに水を入れる山梨町長(右端)と事業者
マイボトルに水を入れる山梨町長(右端)と事業者

 葉山町は今月1日から、「はやまクリーンプログラム」と題したプラスチックごみ削減への取り組みを始めた。町立施設でペットボトルの販売を廃止したほか、民間事業者と連携し、マイボトル持参促進や代替品を活用することで、海洋汚染の原因となるプラスチックを”使わない”姿勢を内外に発信する。

 町ではこれまで、ごみの資源化と減量化による「ゼロ・ウェイスト」の実現を目指してきたほか、県の「プラごみゼロ宣言」に賛同し、海洋環境保全のための活動を行うNGOセイラーズフォーザシーとの協定を結んでいた。

 今回、9つの町立施設でペットボトル販売を廃止した=写真右=ほか、職員によるレジ袋持ち込み禁止、マイボトル持参や主催イベントにおける最大限の配慮(ベストプラクティス)を義務付ける。また、町が共催・後援する飲食を伴うイベントについても、会場にペットボトルを持ち込まないなど同様の働きかけを行っていく。

新素材を活用

 先月30日にはウォータースタンド株式会社(埼玉県)と協定を締結。同社は水道直結型のウォータースタンド20台を上限に、2021年3月まで無償で提供する。現在、7施設に設置されているほか、イベント時に貸し出しも行う。

 また、紙やプラスチックの代替として、石灰石を原料とする素材のLIMEX(ライメックス)や植物由来で生分解性を持つPlax(プラックス)を開発する株式会社TBM(東京都)とも包括協定を結んだ。新素材ののぼりや袋を活用することで、環境への負荷低減を目指す。山梨崇仁町長は「町民の皆さんとともに、取り組みを広げて行きたい」と話した。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

おくやみサポート開始

葉山町

おくやみサポート開始 社会

ワンストップで対応

9月11日号

域内に焼却施設新設せず

ごみ処理広域化

域内に焼却施設新設せず 社会

生ごみ資源化が鍵に

8月28日号

東逗子に活性化拠点

東逗子に活性化拠点 コミュニティ社会

地域で仕事の創出目指す

8月28日号

町づくりの歩み1冊に

葉桜自治会

町づくりの歩み1冊に 社会

半世紀の歴史 次世代へ

8月7日号

逗子葉山唯一の銭湯復活

逗子葉山唯一の銭湯復活 経済

「地域交流の拠点に」

8月7日号

旧金子邸 国登録文化財に

葉山町

旧金子邸 国登録文化財に 文化

別荘文化 今に伝える

7月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    8月28日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月11日号

お問い合わせ

外部リンク