逗子・葉山版 掲載号:2019年11月1日号 エリアトップへ

葉山町長選 事前説明会に2陣営 市民団体が擁立模索

政治

掲載号:2019年11月1日号

  • LINE
  • hatena
説明会の様子
説明会の様子

 任期満了に伴う葉山町長選挙(12月17日(火)告示、同22日(日)投開票)の立候補予定者事前説明会が先月26日、町役場で行われた。無投票との見方も多かったが、新人候補の擁立を模索する市民団体が参加した。

 2期目の現職山梨崇仁氏(42)の陣営のほか、新人候補の擁立を模索している市民団体の計2陣営が出席した。

 当日は町選挙管理委員会の担当者たちが立候補の手続き方法や、選挙運動の注意点などを出席者に説明した。

 3選を目指し出馬が確実視されている山梨氏。その対抗馬を擁立しようと動いているのは、市民団体「これからの葉山を考える町民会議」。メンバーは取材に対し「下山口で進む京急不動産によるマンション開発は景観を一変させてしまう。また、その周辺も連鎖的に開発が進んでしまうのではと危惧している」とし、「町長選挙がないまま進んでしまうのは、適切ではないとの思いから擁立を模索している。将来的な候補を育てるという意味でも、この選挙を無駄にしたくない」と話した。

 9月2日現在の有権者数は2万7634人(男1万2888人、女1万4746人)。同町長選への立候補表明者は現時点でいない。

(10月29日起稿)

逗子・葉山版のトップニュース最新6

ワクチン接種リハ実施

逗子市

ワクチン接種リハ実施 社会

本番向け課題を抽出

4月30日号

ワクチン接種に無料バス

葉山町

ワクチン接種に無料バス 社会

利便性と接種率向上目指す

4月30日号

10施設で再生エネ導入

逗子市

10施設で再生エネ導入 経済

脱炭素社会へ本腰

4月16日号

「総合型クラブ」設立へ

葉山町体育協会

「総合型クラブ」設立へ スポーツ

体制強化へ法人化も視野

4月16日号

開設前提でルール作り

逗子海水浴場

開設前提でルール作り 社会

違反者へ「退場願い」も検討

4月2日号

「気候非常事態宣言」を表明

葉山町

「気候非常事態宣言」を表明 社会

脱炭素社会実現へ指針

4月2日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter