逗子・葉山版 掲載号:2019年11月15日号 エリアトップへ

逗子市出身小川選手 阪神から6位指名 「早く一軍で活躍したい」

スポーツ

掲載号:2019年11月15日号

  • LINE
  • hatena
(左から)二宮教諭、小川選手、桐ケ谷市長、酒井監督
(左から)二宮教諭、小川選手、桐ケ谷市長、酒井監督

 市内出身で東海大学九州キャンパス4年の小川一平さん(22)が、先月行われたプロ野球ドラフト会議で阪神タイガースから6位指名を受けた。今月6日には桐ケ谷覚市長を訪問し、入団報告を行った。

 小川さんは逗子小学校時代、少年軟式野球チーム「逗子オリーブス」に所属。その後、逗子中学校、横須賀工業高等学校の野球部を経て、東海大学九州キャンパスに進学。182cmの長身で、長い手足を生かした力強いストレートと、カットボール、チェンジアップを得意とする。

逆境はねのけ

 これまで、甲子園など大舞台で目立った活躍はなかった。

 横須賀工業高校では1年生から投手をつとめていたものの、最後の夏は神奈川県大会で2回戦負け。一時は就職も考えたというが、監督の推薦もあり、東海大九州のコーチからスカウトを受けて進学した。

 その後、熊本地震が発生し、一時期グラウンドが使えなくなったり、チーム内の不祥事でリーグ戦の出場ができなくなるなど、活躍の機会になかなか恵まれなかった。

 しかし、そうした状況でもモチベーションを保ち続け、トレーニングに励んだ。しっかりとした下半身と長い腕を駆使して繰り出される140キロ台のストレートとコントロールの良さでスカウト陣からは知られた存在になっていた。「正直なところ、指名されるとは思っていなかった。社会人でも野球を続けるつもりだった」とドラフト前の心境を明かしたが、努力が実り、夢を掴んだ。

恩師もエール

 表敬訪問には、逗子オリーブスの酒井博監督と、当時逗子中で野球部を指導した二宮理教諭も同席した。

 酒井監督は「昔は小柄であまり目立つ存在ではなかった。これまで巨人を応援していたが、阪神ファンにならないと」と懐かしそうに振り返り、二宮教諭は「当時からコントロールと度胸があり、どんな場面でも淡々と投げていたのを覚えている」と大器の片鱗を見せていた中学生時代の様子を話した。現在、久木中で野球部を指導する二宮教諭によれば「地元からプロ野球選手が出たということで、子どもたちも盛り上がっている」という。

 小川さんは「少年野球でプレーする楽しさを知り、中学時代の練習や走り込みを乗り越えられたから、高校や大学でもやってこれた」と恩師に感謝を伝え、野球少年に向けて「お父さんとお母さん、そして先生の言うことを聞き、守ることが大事」とアドバイスを送っていた。

 桐ケ谷市長は「やり遂げるという強い気持ちを持って」とエールを送り、小川さんは「夏には1軍に上がりたい。目標とするピッチャーは藤川球児選手。先発、中継ぎ、抑え、どこでも活躍できるよう練習に励む」と意気込みを語った。

カットボールの握り方を伝える小川さん(右)
カットボールの握り方を伝える小川さん(右)

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

逗子・葉山版のトップニュース最新6

返礼品に「電子感謝券」

逗子市ふるさと納税

返礼品に「電子感謝券」 経済

市内事業者で利用可能

11月29日号

危険木の伐採補助範囲拡大

葉山町

危険木の伐採補助範囲拡大 社会

11月から要綱改訂

11月29日号

歴史紡ぐ憩いの場完成

葉山町

歴史紡ぐ憩いの場完成 社会

南郷上ノ山公園に「梓亭(あずさてい)」

11月15日号

新ビジネス拠点設立

逗子市

新ビジネス拠点設立 経済

補助金申請などサポート

11月1日号

事前説明会に2陣営

葉山町長選

事前説明会に2陣営 政治

市民団体が擁立模索

11月1日号

山の根踏切の対策表明

JR東日本

山の根踏切の対策表明 社会

今月27日に住民説明会

10月18日号

あっとほーむデスク

  • 11月29日0:00更新

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月29日号

お問い合わせ

外部リンク