逗子・葉山版 掲載号:2019年11月29日号 エリアトップへ

葉山町 危険木の伐採補助範囲拡大 11月から要綱改訂

社会

掲載号:2019年11月29日号

  • LINE
  • hatena

 葉山町は11月1日から、危険木の伐採に係る補助対象範囲を拡大した。道路の交通に支障がある場合も助成金を交付するよう、要綱を改訂。倒木被害から住民の生命や財産を守るため、制度を拡充させた。

 葉山町はこれまで、危険木が倒木した際、住宅に被害を与える恐れがある場合に補助金を交付してきたが、重要なインフラである道路の交通に支障がある際も含めた。

 条件は▽伐採をする危険木が、土砂災害警戒区域のうち、急傾斜地の崩壊を基準として指定されている土地にあること▽危険木が目通り直径20cm以上、かつ樹高が5m以上あること▽危険木が倒木した際、住宅に被害を与える恐れのあること、又は道路の交通に支障のあること─とした。

 補助対象者は危険木がある土地を所有、占有、又は管理する者。土地所有者以外が補助を受ける場合は、伐採を行うことの許可を所有者から受け、それを証する書類を提出する必要がある。金額は補助対象経費の2分の1で限度額は10万円。

 申請書は、町ホームページの防止関連ページ内にある「葉山町危険木伐採工事費等助成金交付要綱」から印刷するか、防災安全課窓口で受け取ることができる。

 制度に関する詳細や問い合わせは町防安全課【電話】046・876・1111へ。

補正予算に台風対応費

 山梨崇仁町長は今月20日、定例会見を開き、町議会第4回定例会に提出する議案を発表した。

 一般会計補正予算では台風15号、19号で使用した「災害備蓄用毛布」のクリーニング経費として163万3千円計上された。避難所開設時に使用された約800枚を滅菌し、カビの発生を抑え、収納スペースを確保するため圧縮してリパックする。19号が発生した際、町内各地に設置された避難所に避難してきたのは、392世帯、891人に上った。町は「今回の台風で停電という新しい課題が浮かび上がった。避難所の運営についても対応を考えていきたい」とした。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

おくやみサポート開始

葉山町

おくやみサポート開始 社会

ワンストップで対応

9月11日号

域内に焼却施設新設せず

ごみ処理広域化

域内に焼却施設新設せず 社会

生ごみ資源化が鍵に

8月28日号

東逗子に活性化拠点

東逗子に活性化拠点 コミュニティ社会

地域で仕事の創出目指す

8月28日号

町づくりの歩み1冊に

葉桜自治会

町づくりの歩み1冊に 社会

半世紀の歴史 次世代へ

8月7日号

逗子葉山唯一の銭湯復活

逗子葉山唯一の銭湯復活 経済

「地域交流の拠点に」

8月7日号

旧金子邸 国登録文化財に

葉山町

旧金子邸 国登録文化財に 文化

別荘文化 今に伝える

7月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    8月28日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月11日号

お問い合わせ

外部リンク