逗子・葉山版 掲載号:2020年3月6日号 エリアトップへ

体の不思議 “キャラ図鑑”に 葉山のシェアオフィスで誕生

文化

掲載号:2020年3月6日号

  • LINE
  • hatena
本を手にする浅野さん(左)と永峰さん
本を手にする浅野さん(左)と永峰さん

 葉山町堀内にある古民家シェアオフィス「かざはやファクトリー」で出会った編集者とイラストレーターがタッグを組み、ユニークな図鑑を完成させた。人間の体から出るものや音、においをキャラクターに仕立てて解説しているもので、「子どもたちが、身近な不思議に興味をもってくれたら」と2人は話している。

 本のタイトルは『カラダから出る「カタチのある」もの”キャラクター図鑑”』と『カラダから出る「カタチのない」もの”キャラクター図鑑”』(ともに誠文堂新光社、本体価格1600円)。

 かさぶたや鼻くそ、目やにのほか、足の臭いや正座したときの「ビリビリ」など、体から出てくる有形無形のものを「鼻くそほじりん」や「目やにドル」、「足のにおいぬ」や「正座ビリビリ」などのキャラクターにした。その現象が起きる理由や仕組みを、免疫学者で東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授が解説。子どもだけでなく、大人でも楽しめる内容になっている。

2人がタッグ

 企画や編集を鎌倉市在住の編集者、永峰英太郎さんが行い、キャラクター制作を葉山町在住で「とげとげ。」の名で漫画家、イラストレーターとして活動する浅野悦子さん=人物風土記で紹介=が担った。

 通勤で利用している横須賀線内で、OL風の女性が鼻をほじる姿を見て、本のアイデアが浮かんだという永峰さん。「ちょうどウンチにまつわる本や展示の人気が高まっていたころ。体から出るもの全般を網羅した図鑑を作りたいと思いました」という。

 子どもたちに楽しみながら読んでもらうため、それぞれのキャラクターを作ることに。そこで依頼したのが、同じシェアオフィス「かざはやファクトリー」(葉山町堀内663)を利用している浅野さんだった。「ユーモアのある作風がぴったりだと思いお願いした。同じオフィスで、スムーズに作業を進めることもできました」と語り、浅野さんも「キャラクター作りは自由にやらせてもらい、とても楽しかった」と笑顔で振り返る。

 先月から書店で販売が開始した。2人は「自分の体から出るものを汚いとかくさいと遠ざけるのではなく、それぞれに大事な意味があることを伝えたい」と語った。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

コロナ禍の教訓探る

コロナ禍の教訓探る 教育

逗子楽習塾が連続講座

1月7日号

千年続く農業とは

千年続く農業とは 社会

無農薬農家が登壇

1月7日号

子どもへの伝え方学ぶ

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

共生社会を推進

県内大学生

共生社会を推進 社会

活動報告で情報を共有

1月7日号

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook