逗子・葉山版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

葉山町 副町長に県会計局長 今後の大型事業見据え

政治

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
小野淳氏(=葉山町提供)
小野淳氏(=葉山町提供)

 2年間にわたり空席だった副町長のポストに、県会計管理者兼会計局長の小野淳氏(60)が4月1日付けで就任することになった。山梨崇仁町長は「行政や総務、財政での経験を生かしていただきたい」と話した。

 町は今月13日の町議会第1回定例会本会議で人事案を提案し、全会一致で同意された。

 山梨町長は給食センター建設や公共施設再整備など今後控えている大型事業を念頭に、「小野氏は県庁で総務や財政、経理に携わってきた。そうした経験を庁内の内部統率、国や県とのコミュニケーション活性化に力を発揮していただきたい」と話した。

 小野氏は東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部を卒業後、1982年に神奈川県庁へ入庁。会計局会計課長、政策局総務室長、県民局副局長や東京事務所長などを歴任し、2017年4月から現職を務めている。藤沢市在住。

 任期は4月1日から2024年3月までの4年間となる。山梨町政における副町長ポストを巡っては、12年に県内で初となる全国公募を実施。公共政策や行政経験に実績のある人物が就任したが、わずか8カ月で「政策に対する意見の相違」などを理由に辞任した。その後、14年に庁内から部長職経験者を選出。2018年3月に任期満了で退任して以来、空席が続いていた。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

おくやみサポート開始

葉山町

おくやみサポート開始 社会

ワンストップで対応

9月11日号

域内に焼却施設新設せず

ごみ処理広域化

域内に焼却施設新設せず 社会

生ごみ資源化が鍵に

8月28日号

東逗子に活性化拠点

東逗子に活性化拠点 コミュニティ社会

地域で仕事の創出目指す

8月28日号

町づくりの歩み1冊に

葉桜自治会

町づくりの歩み1冊に 社会

半世紀の歴史 次世代へ

8月7日号

逗子葉山唯一の銭湯復活

逗子葉山唯一の銭湯復活 経済

「地域交流の拠点に」

8月7日号

旧金子邸 国登録文化財に

葉山町

旧金子邸 国登録文化財に 文化

別荘文化 今に伝える

7月24日号

あっとほーむデスク

  • 9月11日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    8月28日0:00更新

  • 8月7日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月11日号

お問い合わせ

外部リンク