逗子・葉山版 掲載号:2020年8月7日号 エリアトップへ

逗子葉山唯一の銭湯復活 「地域交流の拠点に」

経済

掲載号:2020年8月7日号

  • LINE
  • hatena
「毎日の健康づくりに」と話す唐澤夫妻
「毎日の健康づくりに」と話す唐澤夫妻

 あづま湯(逗子市沼間1の19の11)が2年のリニューアル期間を経て今月1日、復活した。戦後のピーク時には逗子だけで6軒あった銭湯。様々な困難を乗り越え再開の日を迎えたオーナー夫妻は「地域の方たちが憩い、交流する場になったら」と話している。

 逗子葉山に唯一残っている銭湯「あづま湯」は、建物の老朽化で2018年8月に改修工事に着手。その年の12月にはオープンする予定だったが、許可申請等の遅れや、新型コロナウイルス感染拡大による資材の納期遅延などが重なった。

 「一時はもうやめようか、とも話していたんです」と振り返るのはオーナーの唐澤三雄さん。ボイラーを重油からガスに切り替え配管を一新したほか、玄関だけ面影を残す改修で費用は積み重なるばかりだった。「施工業者さんも、銭湯は初めてだったので手探りで進めた」と妻の晴子さんは話す。

 そんな2人の背中を押したのは、常連客や地域住民だった。創業は戦後すぐの1947年。その後、唐澤さん夫妻が15年前に引き継いでからも、街の暮らしとともにあった。近年では逗子ICに近いこともあり、海水浴客のほかハイキングやトレイルランニングを楽しんだ後に汗を流す利用者も多かった。「ふらっと現場に入ってきて激励してくれる人もいて、銭湯が皆さんにとっていかに身近な存在なのか再認識した」という。

 今回、炭酸風呂と電気風呂を新たに導入したほか、タイルも滑りにくいものを採用。プラスチックごみ削減のため、シャンプーなどはボトルで設置した。「感染症対策で人数制限や滞在時間の短縮をお願いすることがあるかもしれないが、地域の皆さんの日々の健康に寄り添っていきたい」と2人は意気込みを新たにしている。

 問い合わせは【電話】046・871・3929

逗子・葉山版のトップニュース最新6

2年ぶり開設も対応苦慮

逗子海岸海水浴場

2年ぶり開設も対応苦慮 社会

22日から酒類提供停止要請

7月23日号

粗大ごみの処分方法変更

葉山町

粗大ごみの処分方法変更 社会

8月から一律350円に

7月23日号

イノシシ対策に本腰

逗子市

イノシシ対策に本腰 社会

横須賀市と共同実施

7月9日号

2年ぶりに海水浴場開設

葉山町

2年ぶりに海水浴場開設 社会

ルールと感染症対策を策定

7月9日号

基礎疾患ある人らへ接種開始

逗子市葉山町

基礎疾患ある人らへ接種開始 社会

留学や海外赴任にも対応

6月25日号

民間との対話で情報収集

葉山町給食センター

民間との対話で情報収集 教育

サウンディング型市場調査へ

6月25日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter