逗子・葉山版 掲載号:2020年8月28日号 エリアトップへ

女子フットサル 日本初 セミプロ選手誕生 逗子拠点チームの宇田川さん

スポーツ

掲載号:2020年8月28日号

  • LINE
  • hatena
チームの選手たち。前列右端が宇田川選手、後列右から4人目が新妻代表
チームの選手たち。前列右端が宇田川選手、後列右から4人目が新妻代表

 逗子市を拠点に活動する女子フットサルチーム「カルチェットレディースTOPチーム」にこのほど、日本初のセミプロ選手が誕生した。地元企業からの協賛や協力を得ながら、日本一を目指して練習に励んでいる。

 このほど、セミプロ選手なったのは、サッカーのゴールキーパーにあたる「ゴレイロ」の宇田川梓さん(市内在住)。逗子葉山でクリニックを運営する医療法人メディスタイルクリニックと契約を結んだ。普段は同法人が運営する歯科医院で訪問歯科の事務やドライバーとして働きながら、競技中心の生活を送っている。プロチームがない女子フットサル界において、今回の契約は日本初。宇田川さんは「応援して下さる方たちの期待に応えられるよう、全力を尽くしたい」と意気込んでいる。チームの代表を務める新妻孝裕さんは「うちの選手だけでなく、すべての女子選手の励みになる」と意義を強調。「様々な企業から協賛をいただいており、ありがたい」と語る。

地域とともに

 新妻さんは逗子市出身。大学を中退後に渡欧し、イタリアや日本のFリーグでプレーした。指導者としても同国のチームに帯同して本場の指導法を学び、帰国後は学生リーグ、キッズスクール、誰でも気軽に参加できる大会の開催など、監督、コーチ、そして時には運営側として競技普及に努めている。

 昨年に一般社団法人カルチェットスポーツクラブを立ち上げ、活動を開始。地元企業がチームを支え、それを励みに選手たちが活躍して地域活性につなげる海外のスポーツ事情を見てきた。「直近の大会では県大会3位入賞することができた。皆さんとともに日本一を目指し、逗子を盛り上げていきたい」と笑顔で語った。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

東逗子にハロウィーン空間

東逗子にハロウィーン空間 社会

31日にはイベントも

10月22日号

地域貢献の形を議論

新規事業のアイデア構築

新規事業のアイデア構築 経済

中小企業の後継ぎ対象に

10月15日号

近代別荘建築の価値を知る

近代別荘建築の価値を知る 文化

葉山で文化財講演会

10月15日号

5人が出馬の意向

衆院選神奈川4区

5人が出馬の意向 政治

県内屈指の激戦区に

10月15日号

執筆重ね節目の100号

執筆重ね節目の100号 文化

エッセイ集「マグノリア」

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook