逗子・葉山版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

葉山町漁協 地ワカメ養殖に手応え 新技術で高水温に対応

経済

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena
生育状況を確認する山木さん(右)と高山さん
生育状況を確認する山木さん(右)と高山さん

 春の到来を告げるワカメの収穫。葉山町でも、今月10日に天然ものが解禁となった。海の恵みをこれからも安定的に収穫できるよう、漁業関係者は新技術を使った養殖の実証事業を行っている。

 湘南や三浦半島エリアでは6年ほど前から、海水温の上昇によって生育が遅れたり、溶けるように枯れてしまう現象が多発。以前は見られなかったアイゴやメジナなどによる食害が追い打ちをかけている。葉山町漁業協同組合(角田正美組合長)は、こうした現状を打破しようと芝崎にある鹿島建設(株)葉山水域環境実験場とともに養殖試験を三ヶ浦沖で行っている。

 同実験場の山木克則さんら研究チームが天然ワカメから採取した種(配偶体)を殖やし、大量に種苗を作る技術を開発。これを活用し、今の環境に適応するワカメの開発を目指している。現在は大人の背丈まで大きくなった2012年の大型ワカメと、高水温でも良く育った2016年のものを掛け合わせ、4つの品種を育てている。

 また海水温のデータを計測し、漁期も工夫した。例年、アイゴなどの食害を受けるのは水温が下がり切らない12月。東京湾の漁師から種を仕入れすぐに海に入れていたため、被害がないように祈るしかなかったが、地元で種苗を作るれるようになり、時期の調整が可能になった。

 今年は種苗をつけたロープを1月に投入。今月11日には、山木さんや地元漁師の高山清志さんが生育状況を確認した。4種のワカメはそれぞれ最大80cmまで伸びており、「食害もなく、よく育っている」と山木さん。「葉山の天然ものの特徴である葉の深い切れ込みもしっかりある。3月いっぱい収穫できそう」と高山さんは手応えを語った。漁協では今後、近隣地域での応用も視野に、養殖技術の確立とブランド化を進めていく考え。「葉山ワカメ・オーナー制度」で活用していくほか、漁協海産物直売所でも販売する。

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

弦楽合奏を堪能

弦楽合奏を堪能 文化

小泉ひろしさんが指揮

4月30日号

学生繋がる機会に

学生繋がる機会に 文化

団体の活動ウェブで紹介

4月30日号

展示スペースを一新

展示スペースを一新 文化

葉山まちづくり館

4月30日号

「競馬コトはじめ!」

大人の趣味講座

「競馬コトはじめ!」 社会

楽しみ方、面白さ、奥深さ

4月30日号

話題の場所に記者潜入

話題の場所に記者潜入 社会

レアな情報サイト

4月30日号

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 経済

中小企業の15事例掲載

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月16日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「競馬コトはじめ!」

大人の趣味講座

「競馬コトはじめ!」

楽しみ方、面白さ、奥深さ

5月8日~5月8日

逗子・葉山版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter