逗子・葉山版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

葉山まちづくり協会の理事を務める 川崎 直美さん 葉山町在住 70歳

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena

葉山への想いを次世代に

 ○…地域で育まれた生活文化を受け継ぎ、豊かな地域社会を築こうと活動しているNPO法人葉山まちづくり協会の理事を務める。毎年5月に実施していた「まちfes葉山」をオンラインで初開催。地元クリエーターの力を借りて、映像で活動を紹介する新たな取り組みに挑戦した。「まちづくりに参加するきっかけとなったら」と語る。

 ○…異色の経歴の持ち主。高校中退後に海外へ生活拠点を移し、帰国後は外国人タレントのマネジメント事務所を経営。成功を収めるもあっさり手放し、ネイティブアメリカンを訪ねてアメリカ大陸へ旅に出た。その後、国内で「オーガニック」を扱う先駆けとなる生活雑貨店を都内にオープン。自然に寄り添うライフスタイルを今も広めている。2011年に葉山に移住。自宅の敷地で店を構え、下山口商店会に入ったことが転機となった。

 ○…初めて「地に足付けた生活」を送るようになり、目線は自然と自分の住む地域とそのルーツに向いた。代々住み続けている住民がいる一方、移住者も増えていた時期。下山口の鎮守である神明社の歴史を伝えることで、両者の鎹(かすがい)になるよう紙芝居を制作し、境内で月1回の「あさいち」を企画。また、「までいなマーケット」を主宰するなど多彩な活動をしてきた。こうした経験を生かし、協会登録団体の活性化にも尽力している。

 ○…疑問に思った事はズバッと物申す自他ともに認める「改革者」。常に前へと進む姿勢は周りを刺激し、新しい価値を生み出してきた。時には、しがらみや困難に直面することもあるが「人智を尽くして天命を待つ。それだけよ」と笑いながら言う。ぶれない歩みと明るい笑顔はこれからも周りを勇気づけ、葉山好きを増やしていく。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

石井 優愛さん

逗子サーフライフセービングクラブの監視長を務める

石井 優愛さん

川崎市在住 22歳

6月24日号

守屋 重雄さん

葉山・山楽会の会長を務める

守屋 重雄さん

葉山町在住 69歳

6月10日号

増田 竜雄さん

中小企業診断士で、はやま里づくりクラブを主宰する

増田 竜雄さん

葉山町在住 54歳

5月27日号

松澤 有子さん

海のほとり美術館を制作する

松澤 有子さん

逗子市在住 

5月13日号

中田 美緒さん

デフリンピック女子バレーボールに日本代表として出場する

中田 美緒さん

葉山町出身 21歳

4月29日号

三田村 鳳治さん

東逗子駅開業70周年実行委員会の相談役に就任した

三田村 鳳治さん

逗子市在住 100歳

4月15日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook