逗子・葉山版 掲載号:2022年2月18日号 エリアトップへ

逗子市長選 長島元市長が立候補表明 3月の市議選にも出馬方針

政治

掲載号:2022年2月18日号

  • LINE
  • hatena

 12月に予定されている逗子市長選挙に、元職で元衆議院議員の長島一由氏(55)が無所属での立候補を表明した。同選挙への出馬表明は長島氏が初めて。これに先立ち、3月の市議選にも立候補する意向を明らかにした。

「再び自治体経営日本一に」

 本紙の取材に対し、長島氏は”ダブル出馬”の理由について「市長就任日の12月25日に翌年度の予算の内示を決裁する必要がある。これでは政策を反映しにくいため、市議としてあらかじめ担当に政策提案したい」と説明。また、市議を自動失職して市長に就任することで、「補欠選がない限り3年間、1議減となり、それだけで3千万の経費削減ができる」。また、「公約で掲げれば、法的には市長就任後に専決処分で1議席削減できることを総務省に確認している」と話した。

 そのほかに、市長在任時代の「正規職員半減化構想」を再開させ、正規職員を減らす代わりに非常勤を増やすという。行政サービスのDX(デジタルトランスフォーメーション)で効率化や透明化を進め、「もう一度、自治体経営日本一にしたい」としている。また、小学校給食無償化や国民健康保険料の引き下げなどを公約に掲げる。

 長島氏は川崎市出身。民放記者やディレクターを経て、1997年に鎌倉市議となり、98年から3期にわたり逗子市長を務めた。2009年の衆院選に神奈川4区から出馬し、初当選。1期を務めた。現在は映像制作会社を経営する。

 前回選挙では、現職の1万326票に対し、新人の桐ケ谷覚氏が1万3237票で初当選した。1期目の桐ケ谷市長は12月24日に任期満了を迎える。 (2月15日起稿)

逗子・葉山版のトップニュース最新6

写真同好会が全国へ

逗葉高校

写真同好会が全国へ 教育

廃止寸前 活動2カ月で快挙

6月24日号

ALS発病機に財団設立へ

逗子市在住畠中さん

ALS発病機に財団設立へ 社会

豊かな人生 後押し目指す

6月24日号

多様性の尊重 明文化

逗子市

多様性の尊重 明文化 社会

推進条例を制定へ

6月10日号

産官民協働で環境対策

葉山町

産官民協働で環境対策 社会

エシカルアクション始動

6月10日号

ブルーフラッグ取得

逗子海水浴場

ブルーフラッグ取得 社会

厳しい基準クリア 国内6番目

5月27日号

週末にキッチンカー出店

南郷上ノ山公園

週末にキッチンカー出店 社会

魅力向上めざし社会実験

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook