逗子・葉山版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

大好きなポイント守るため サーファー有志が救助訓練

社会

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena
救助訓練は年4回を予定。季節や気象条件に関わらず実施し、いざという時に備える
救助訓練は年4回を予定。季節や気象条件に関わらず実施し、いざという時に備える

 浪子周辺のローカルサーファーたちが、安心安全な環境作りやビーチクリーンに取り組んでいる。市民のほか、市議や県議、逗子消防も活動に協力。サーフィンが盛んな湘南エリアでも珍しい体制で活動している。

 「735スタイル」の代表を務めるのは、サーファーのmacoさん。逗子海岸にゴミがあることに心を痛めたのをきっかけに、仲間とともに2017年、設立した。

 毎月第1日曜に誰でも手ぶらで参加できるビーチクリーン=写真右=を開催しているほか、磯焼け対策のウニ駆除に協力。今年から救命救助訓練も始めた。

 6月19日には、3回目となる訓練を実施し、約20人が参加。海上でサーフボードやサップボードを使って溺れた人を陸まで運ぶ方法を学んだ。その後、逗子消防の職員が救命活動の基本的な知識や心構え、AEDの使い方を指南。「救急車が到着するまでの間に、初期対応者がいかに行動するかで助かる確率が大きく変わる」と訓練の意義を強調した。本格的な海水浴シーズンを前に、参加者たちは積極的に質問していた。

 代表のmacoさんは「大好きなこのポイントで事故が起きてほしくないし、いつまでも綺麗なままであって欲しいという思いでやっている。訓練は続けることが大切なので、継続していきたい」と話していた。

 ビーチクリーンの開催情報など、詳細は同団体インスタグラムアカウントへ。

本まぐろ直売所

豊洲市場を仕切る大卸ならではの品揃え。8月5日~15日は毎日営業

https://www.yokosuka-honmaguro.com/

<PR>

逗子・葉山版のローカルニュース最新6

50年前の大人気展を再現

カフェテーロ

50年前の大人気展を再現 文化

マリリン・モンロー題材に

8月5日号

被爆の歴史に向き合う

被爆の歴史に向き合う 社会

原爆と人間展

8月5日号

音の料理人名曲をクッキング

音の料理人名曲をクッキング 文化

「TSUKEMEN」公演

8月5日号

葉山の夜空に大輪咲く

葉山の夜空に大輪咲く 社会

3年ぶりの花火大会に拍手

8月5日号

官民一体で見回り

官民一体で見回り 社会

逗子海岸で安全呼びかけ

8月5日号

珠玉の夏みかんレシピ誕生

珠玉の夏みかんレシピ誕生 社会

町民有志がコンテスト

8月5日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

  • 7月8日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月5日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook