逗子・葉山版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

逗葉高校 写真同好会が全国へ 廃止寸前 活動2カ月で快挙

教育

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena
意気込みを語った3人
意気込みを語った3人

 県立逗葉高校写真同好会が、7月に北海道で行われる「写真甲子園」に初出場する。3人の生徒で4月から活動をはじめ、2カ月で快挙を果たした。「まずは良い結果を残し、部に昇格させたい」と意気込んでいる。

 初戦審査会には過去最多の533校から応募があり、全国11ブロックから18校が選出された。

 写真同好会はメンバー数ゼロの年が続き、「そろそろ廃部か」と噂されていたという。そんななか、写真家として国内外で活躍し、大学講師を務めた経験もある鬼頭志帆教諭が今春、着任。顧問に就任し全体集会で呼び掛けたところ、「なんか面白そうだと思った」と2年の中村りあんさん、大橋桜花さんら3人が入った。

 大会の存在を知り、「とりあえずやってみよう」と実質2週間で準備を進めた。作品のテーマを「家族・兄弟のいる日常」とし、各自がスマートフォンで撮影。「自分が体験したことのある懐かしさと、遠く離れた日常なのにどこか知っていると思える既視感」を軸に、8枚を厳選。審査会でプレゼンテーションに臨む際には、国語教諭の協力を得て、言葉選びや練習を重ねた。「すでに生徒たちの中に良いものがあった。それをうまく表すことができた」と鬼頭教諭。普段から、何気ない日常をスマホに撮りためていたという大橋さんは「選ぶのが大変だったけど、家族の写真が評価されてお母さんも喜んでくれた」と話す。

 「甲子園」では、貸与される一眼レフカメラを使い、初めての土地でテーマも自由に撮影。「心・技・眼」を競う。3人は「一眼を使うのも初めてだけど、ここまできたら優勝を狙いたい」と意気込み、「仲間を増やして部に昇格させ、部室が欲しい」と笑顔で語った。

応募作品の一枚
応募作品の一枚

逗子・葉山版のトップニュース最新6

写真同好会が全国へ

逗葉高校

写真同好会が全国へ 教育

廃止寸前 活動2カ月で快挙

6月24日号

ALS発病機に財団設立へ

逗子市在住畠中さん

ALS発病機に財団設立へ 社会

豊かな人生 後押し目指す

6月24日号

多様性の尊重 明文化

逗子市

多様性の尊重 明文化 社会

推進条例を制定へ

6月10日号

産官民協働で環境対策

葉山町

産官民協働で環境対策 社会

エシカルアクション始動

6月10日号

ブルーフラッグ取得

逗子海水浴場

ブルーフラッグ取得 社会

厳しい基準クリア 国内6番目

5月27日号

週末にキッチンカー出店

南郷上ノ山公園

週末にキッチンカー出店 社会

魅力向上めざし社会実験

5月27日号

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook