神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
逗子・葉山版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

第75代葉山警察署長に3月19日付で就任した 柳川 謙司さん 横浜市在住 59歳

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena

団結力で地域を守る

 ○...葉山署での勤務は初めてだが、巡査時代から機動隊員として御用邸の警戒など、何百回と訪れた思い出深い地。「警察人生の集大成を愛着のある葉山署で迎えられて幸せ」と署長就任を嚙みしめる。約110人の署員には「チームワークをもって連携しよう」と訓示。限られた人材のなか、一致団結して町の治安に努める。

 ○...中学卒業を報告した直後に48歳で病死した父。尊敬する父と同じ警察官の道を選んだ。1987年に拝命後、主に警備畑を歩んできた。東日本大震災発災直後から、岩手県で約2カ月間従事した遺体検索は今も目に焼き付いて離れない。「戦後の焼け野原のように何もない地獄絵図だった」と振り返る。そうした中でも家族を探す被災者のために必死だった。いつ起きるか分からない災害に備え、危機管理が大切だと再認識もした。またオリンピック・パラリンピック対策課で2、3年かけて警備の準備をし、大きな事故もなく無事に大会が終わった時は感慨深いものがあった。

 ○...平塚市出身。少年時代は父と自転車で大磯まで行き、釣りをしたり、海水浴をしたりするのが好きだった。今はガーデニングが趣味で、伊勢原市にある母の実家の庭で木の剪定をしたり、野菜を作ったり。ただ水やりをするのではなく、土をよくするために、たまには肥料をまき、雑草を抜くなど、手間をかけるほど出来上がりが違う。それは「人を育てることにも通じる」と話す。

 ○...新署長として町民に対して「地域の安全安心のためには、警察の力だけではだめで、これまで同様に皆さんのお力も必要です」と協力を呼びかける。そう語る眼からは「全力を尽くして町民を守ろう」という決意がうかがえた。

逗子・葉山版の人物風土記最新6

志原 光徳さん

第54代逗子警察署長に就任した

志原 光徳さん

逗子市池子在住 58歳

4月12日

柳川 謙司さん

第75代葉山警察署長に3月19日付で就任した

柳川 謙司さん

横浜市在住 59歳

3月29日

大竹 則彦さん

葉山町制100周年PR大使に就任した「ミューシー」を生み出した

大竹 則彦さん

葉山町下山口在住 67歳

3月15日

後藤 慶幸さん

2月25日に開催された「Jazz in 鎌倉」の実行委員長を務めた

後藤 慶幸さん

逗子市在住 64歳

3月1日

平尾 香さん

リビエラ逗子マリーナ内レストランで自身の企画展が開かれている

平尾 香さん

逗子市新宿在住 51歳

2月16日

川野 恵子さん

クーリエ・ジャポン「2023年に世界のメディアが注目した日本人100人」に選ばれた

川野 恵子さん

逗子市出身 50歳

2月2日

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook