藤沢版 掲載号:2012年1月6日号
  • googleplus
  • LINE

災害時の相互協力協定締結 横浜市西部水再生センターと

経済

 藤沢市は先月13日、大清水浄化センター(大鋸)と横浜市西部水再生センター(戸塚区東俣野町)が市境を挟んで隣接していることから、災害時の相互協力協定を締結した。

 藤沢市と横浜市では、平成21年度から相互協力協定締結へ向けた取り組みを開始した。

 藤沢市では現在、大清水浄化センターの下水処理過程で発生する汚泥は、辻堂浄化センターへトラック輸送し、焼却処理を行っている。しかし、辻堂浄化センターが沿岸部に立地しているため、地震による津波被害や、停電による焼却機能の停止、道路交通網の寸断により汚泥を輸送できなくなる状況が考えられる。

 このような事態が起こった場合、市では横浜市の協力を得ることで、汚泥処理を継続でき、公共用水域の水質保全を確保していくのが狙いだ。

 このように、下水道分野における自治体間の相互協定は全国的にも珍しく、他都市に先駆けた事例だという。市土木部下水道施設課では「この協定が、近い将来やってくると予想される自然災害の『転ばぬ先の杖』になることを期待している」と話している。

 問合せは辻堂浄化センター【電話】0466(34)3330まで。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク