藤沢版 掲載号:2012年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

小雪ちらつく中 水行式 辻堂 宝光山本立寺で

文化

厳しい光景に来場者も手を合わせ、固唾を飲んで見守った
厳しい光景に来場者も手を合わせ、固唾を飲んで見守った

 辻堂駅北口の宝光山本立寺で16日、日蓮宗加行(大荒行)を終えた僧侶の帰山式が行われた。

 当日は神奈川県内の僧侶6人が参加し、水行式と特別加持祈祷を実施。水行は気温約3度の雪がちらつく寒空の中行われたが、僧侶らは表情を変えることなく冷水を浴び続けていた。

 日蓮宗加行は世界三大荒行の一つとされおり、同宗に伝わる秘祈祷法の伝授を受けるため、1年で最も寒い11月から2月までの100日間修行をする。

 修行中の水行は朝2時半に起床し、午前3時から午後11時まで7回行うという。1日の睡眠時間は3時間弱で食事は一汁一菜汁粥のみ。足袋は許されない。

 今回参加した僧侶の足元は、あかぎれなどの傷が目立った。
 

藤沢版のローカルニュース最新6件

藤沢版の関連リンク

あっとほーむデスク

藤沢版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

簡単体操で健康維持

藤沢市鍼灸・マッサージ師会

簡単体操で健康維持

3月4日に公開講座

3月4日~3月4日

藤沢版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

お問い合わせ

外部リンク